Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • UNIX (ユニックス、Unix、英語発音: [júːniks])は、コンピュータ用のマルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチー、ブライアン・カーニハン、ダグラス・マキルロイ、マイク・レスク、ジョー・オサンナらが開発を開始した。当初アセンブリ言語で開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直したことでその後の開発が容易になり、他のハードウェアの移植性も向上した。現在では「Unix」という語は、Unix標準に準拠するあらゆるオペレーティングシステムの総称でもある。現在ではUnixシステムは多数の系統に分かれており、AT&T開発時代の後も、多数の商用ベンダーや非営利組織などによって開発が続けられている。1970年代から1980年代の初期にかけて、Unixは大学や研究所などの教育機関で広範囲に採用され、特にカリフォルニア大学バークレー校をオリジナルとするBSD系統が誕生した。また Version 7 Unix や UNIX System V の特徴を持つオペレーティングシステムは「伝統的なUNIX」(traditional Unix)とも呼ばれる。2007年に、「UNIX」の商標の所有者である標準化団体の The Open Group は、Single UNIX Specification を完全に満たすと認証を受けたシステムのみが「UNIX」の商標を得られるとした。このためそれ以外のシステムは(ずっと以前から、AT&T版およびBSD以外を指して使われていた用語だが)「Unixシステムライク」または「Unixライク(Unix系)」と呼ばれるようになった。ただし The Open Group はその呼称を気に入っていない。現在では多く使われているUnixとしてはMac OS X、AIX、HP-UX、Solarisなどがある(いずれも商用)。また認証を受けていないUnix系としてはLinux(派生OSにAndroid他)やMinix、BSDの派生OS(FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSD など)がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 44657 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59164990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • UNIXおよびUNIX系システムの系統図
prop-ja:developer
  • ケン・トンプソン, デニス・リッチー, ブライアン・カーニハン, , (ベル研究所)
prop-ja:family
  • Unix
prop-ja:kernelType
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Unix
prop-ja:screenshot
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:sourceModel
  • 歴史的にはある時期からクローズドソースとなったが、近年のUnix系プロジェクトの一部はオープンソースである。
prop-ja:ui
  • コマンドラインインタフェース & GUI
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発継続中
dcterms:subject
rdfs:comment
  • UNIX (ユニックス、Unix、英語発音: [júːniks])は、コンピュータ用のマルチタスク・マルチユーザーのオペレーティングシステムの一種である。公式な商標は「UNIX」だが、商標以外の意味として「Unix」、またはスモールキャピタルを使用して「Unix」などとも書かれる。Unixは1969年、AT&Tのベル研究所にて、ケン・トンプソン、デニス・リッチー、ブライアン・カーニハン、ダグラス・マキルロイ、マイク・レスク、ジョー・オサンナらが開発を開始した。当初アセンブリ言語で開発されたが、1973年にほぼ全体をC言語で書き直したことでその後の開発が容易になり、他のハードウェアの移植性も向上した。現在では「Unix」という語は、Unix標準に準拠するあらゆるオペレーティングシステムの総称でもある。現在ではUnixシステムは多数の系統に分かれており、AT&T開発時代の後も、多数の商用ベンダーや非営利組織などによって開発が続けられている。1970年代から1980年代の初期にかけて、Unixは大学や研究所などの教育機関で広範囲に採用され、特にカリフォルニア大学バークレー校をオリジナルとするBSD系統が誕生した。また Version 7 Unix や UNIX System V の特徴を持つオペレーティングシステムは「伝統的なUNIX」(traditional Unix)とも呼ばれる。2007年に、「UNIX」の商標の所有者である標準化団体の The Open Group は、Single UNIX Specification を完全に満たすと認証を受けたシステムのみが「UNIX」の商標を得られるとした。このためそれ以外のシステムは(ずっと以前から、AT&T版およびBSD以外を指して使われていた用語だが)「Unixシステムライク」または「Unixライク(Unix系)」と呼ばれるようになった。ただし The Open Group はその呼称を気に入っていない。現在では多く使われているUnixとしてはMac OS X、AIX、HP-UX、Solarisなどがある(いずれも商用)。また認証を受けていないUnix系としてはLinux(派生OSにAndroid他)やMinix、BSDの派生OS(FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSD など)がある。
rdfs:label
  • UNIX
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingPlatform of
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:license of
is dbpedia-owl:operatingSystem of
is dbpedia-owl:programmingLanguage of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:family of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:operatingSystem of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:programmingLanguage of
is prop-ja:オペレーティングシステム of
is prop-ja:プラットフォーム of
is prop-ja:対応os of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is foaf:primaryTopic of