生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。 このような疾患と[肥満]を複合する状態を、医学的に(メタボリックシンドローム)と総称する。また、(悪性腫瘍がん)、(脳卒中脳血管疾患)、(心臓病)の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。

Property Value
dbo:abstract
  • 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。 このような疾患と[肥満]を複合する状態を、医学的に(メタボリックシンドローム)と総称する。また、(悪性腫瘍がん)、(脳卒中脳血管疾患)、(心臓病)の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。 (ja)
  • 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。 このような疾患と[肥満]を複合する状態を、医学的に(メタボリックシンドローム)と総称する。また、(悪性腫瘍がん)、(脳卒中脳血管疾患)、(心臓病)の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 887569 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9752 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81607800 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。 このような疾患と[肥満]を複合する状態を、医学的に(メタボリックシンドローム)と総称する。また、(悪性腫瘍がん)、(脳卒中脳血管疾患)、(心臓病)の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。 (ja)
  • 生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう、英: lifestyle disease、仏: maladie de comportement、独: Zivilisationskrankheit)は、糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が発症原因に深く関与していると考えられている疾患の総称である。日本では、かつて加齢によって発病すると考えられたために成人病(せいじんびょう)と呼ばれたが、1980年代から若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していることが判明してきた。このため、1997年頃から予防できるという認識を醸成することを目的として呼び方が変わった。 このような疾患と[肥満]を複合する状態を、医学的に(メタボリックシンドローム)と総称する。また、(悪性腫瘍がん)、(脳卒中脳血管疾患)、(心臓病)の3大死因も生活習慣との関わりが強い。肥満はこれらの疾患になるリスクを上げる。 (ja)
rdfs:label
  • 生活習慣病 (ja)
  • 生活習慣病 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of