Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 標準偏差(ひょうじゅんへんさ、英語: Standard Deviation)は、分散の正の平方根である。統計値や確率変数の散らばり具合(ばらつき)を表す数値のひとつであり、σ や s で表す。例えば、ある試験でクラス全員が同じ点数であった場合(すなわち全員が平均値であった場合)、データにはばらつきがないので、標準偏差と分散は0になる。二乗平均平方根 (RMS) と混同されることもある。両者の差異については、二乗平均平方根を参照。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 12834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7605 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58971787 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • WP:CIRCULAR参照
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 標準偏差(ひょうじゅんへんさ、英語: Standard Deviation)は、分散の正の平方根である。統計値や確率変数の散らばり具合(ばらつき)を表す数値のひとつであり、σ や s で表す。例えば、ある試験でクラス全員が同じ点数であった場合(すなわち全員が平均値であった場合)、データにはばらつきがないので、標準偏差と分散は0になる。二乗平均平方根 (RMS) と混同されることもある。両者の差異については、二乗平均平方根を参照。
rdfs:label
  • 標準偏差
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of