Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 木曾氏(きそし)は、南北朝時代から室町時代後期にかけて信濃国南部の木曾谷を領した国人領主。戦国時代の木曾氏は、かつて治承・寿永の乱で木曾谷から発して上洛を果たした木曾義仲の子孫を自称した(義仲の子である義宗(夭折)の末裔と自称)。実際には本姓は藤原氏(上野国沼田郷を拠点とした沼田氏、藤原秀郷流)とされ、沼田氏の当主の沼田家国(伊予守)の子で、義仲の義弟(義仲の側室の弟)で、義宗の母方の叔父でもある木曾基宗(刑部少輔)が「木曾氏」と称して、義仲・義宗父子の末裔と仮冒し、信濃国西筑摩郡木曾谷を支配したとされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 374900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58272453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人物
prop-ja:家名
  • 木曾氏
prop-ja:家祖
prop-ja:家紋
  • Sasa rindo.svg
prop-ja:家紋名称
  • 笹竜胆
prop-ja:本姓
  • 藤原北家秀郷流?
  • 称・清和源氏義仲流
prop-ja:根拠地
  • 信濃国木曾谷
prop-ja:種別
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 木曾氏(きそし)は、南北朝時代から室町時代後期にかけて信濃国南部の木曾谷を領した国人領主。戦国時代の木曾氏は、かつて治承・寿永の乱で木曾谷から発して上洛を果たした木曾義仲の子孫を自称した(義仲の子である義宗(夭折)の末裔と自称)。実際には本姓は藤原氏(上野国沼田郷を拠点とした沼田氏、藤原秀郷流)とされ、沼田氏の当主の沼田家国(伊予守)の子で、義仲の義弟(義仲の側室の弟)で、義宗の母方の叔父でもある木曾基宗(刑部少輔)が「木曾氏」と称して、義仲・義宗父子の末裔と仮冒し、信濃国西筑摩郡木曾谷を支配したとされる。
rdfs:label
  • 木曾氏
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:rulers of
is prop-ja:氏族 of
is foaf:primaryTopic of