Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 普仏戦争(ふふつせんそう、仏: Guerre franco-allemande de 1870、独: Deutsch-Französischer Krieg)は、第二帝政期の1870年7月19日に起こり、1871年5月10日まで続いたフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争である。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。なお、プロイセン=フランス戦争と呼称している日本の世界史の教科書もある。プロイセンは北ドイツ連邦と南ドイツのバーデン大公国、ヴュルテンベルク王国、バイエルン王国と同盟を結んで、全ドイツを挙げて戦争に臨んだ。戦争はプロイセン側の圧倒的勝利に終わり、プロイセンを中心にしたドイツ統一が達成され、ドイツ帝国が成立した。対してフランスでは自らも捕虜となったナポレオン3世の権威が完全に失われ、第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行した。戦争はスペイン王位継承問題でプロイセンとフランスの対立が最高潮に達した時に発生した。ドイツ首相ビスマルクはエムス電報事件でフランスとの対立を煽り、激昂に駆られたフランス国民の支持を背景にフランスは戦争を始めた。ドイツ諸邦の参戦を恐れたフランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦は自発的にプロイセン側に立って参戦した。野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世が降伏した。ナポレオン降伏後は第二帝政政府に代わり、第三共和政政府(臨時政府)が戦争を指導することになった。だが新たに編成されたフランス軍も帝政時代と同じくプロイセン軍に一蹴され、5ヶ月間の北フランス攻撃を経て、1871年1月28日に首都パリを占領された。パリ陥落の10日前にプロイセン王ヴィルヘルム1世は征服したフランスのヴェルサイユ宮殿で盛大な戴冠式を行い、ドイツ皇帝に即位した。パリ占領後の1871年5月10日、フランクフルト講和条約が締結され、正式にフランスはプロイセンに降伏した。
dbpedia-owl:casualties
  • 13 (xsd:integer)
  • 28 (xsd:integer)
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:combatant
  • *
  • ----
  • バーデン大公国
  • フランス共和国
  • ヘッセン大公国
  • ヴュルテンベルク王国
dbpedia-owl:description
  • ピエール=ジョルジュ・ジャンニオ画、La ligne de feu
dbpedia-owl:opponents
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • プロイセン側の勝利
dbpedia-owl:strength
  • 正規兵30万名予備役兵90万名
  • 正規兵49万2,585名予備役兵41万7,366名
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 65118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 41330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58517872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 普仏戦争
prop-ja:campaign
  • 普仏戦争
prop-ja:caption
  • ピエール=ジョルジュ・ジャンニオ画、La ligne de feu
prop-ja:casualties
  • 捕虜47万4,414名
  • 死傷者13万4513
  • 死傷者28万1,871名
prop-ja:colourScheme
  • background:#ffccaa
prop-ja:combatant
  • *
  • バーデン大公国
  • ヴュルテンベルク王国
  • ---- フランス共和国
  • ヘッセン大公国 ----
prop-ja:commander
  • オットー・フォン・ビスマルク
  • フランソワ・アシル・バゼーヌ(捕虜)
  • カール・フリードリヒ・フォン・シュタインメッツ
  • アルブレヒト・フォン・ローン
  • カール・フォン・プロイセン
  • ナポレオン3世(捕虜)
  • パトリス・ド・マクマオン
  • フリードリヒ王太子
  • ヘルムート・フォン・モルトケ
  • レオン・ガンベタ
  • ヴィルヘルム1世
prop-ja:conflict
  • 普仏戦争
prop-ja:date
  • --07-19
prop-ja:place
  • フランス、ドイツ、カリブ海
prop-ja:result
  • プロイセン側の勝利
prop-ja:strength
  • 正規兵30万名予備役兵90万名
  • 正規兵49万2,585名予備役兵41万7,366名
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 普仏戦争(ふふつせんそう、仏: Guerre franco-allemande de 1870、独: Deutsch-Französischer Krieg)は、第二帝政期の1870年7月19日に起こり、1871年5月10日まで続いたフランスとプロイセン王国の間で行われた戦争である。ドイツ諸邦もプロイセン側に立って参戦したため独仏戦争とも呼ぶ他、フランス側では1870年戦争と呼称する。なお、プロイセン=フランス戦争と呼称している日本の世界史の教科書もある。プロイセンは北ドイツ連邦と南ドイツのバーデン大公国、ヴュルテンベルク王国、バイエルン王国と同盟を結んで、全ドイツを挙げて戦争に臨んだ。戦争はプロイセン側の圧倒的勝利に終わり、プロイセンを中心にしたドイツ統一が達成され、ドイツ帝国が成立した。対してフランスでは自らも捕虜となったナポレオン3世の権威が完全に失われ、第二帝政は終焉を迎えて第三共和政に移行した。戦争はスペイン王位継承問題でプロイセンとフランスの対立が最高潮に達した時に発生した。ドイツ首相ビスマルクはエムス電報事件でフランスとの対立を煽り、激昂に駆られたフランス国民の支持を背景にフランスは戦争を始めた。ドイツ諸邦の参戦を恐れたフランスは7月19日にプロイセンのみに宣戦したが、ドイツ諸邦は自発的にプロイセン側に立って参戦した。野戦砲と鉄道輸送を巧みに活用したプロイセン軍の精強さは、ドイツ国境に侵攻したフランス軍を叩きのめした。防戦一方となったフランス軍は9月2日にセダンの戦いで包囲に置かれ、10万人のフランス兵と皇帝ナポレオン3世が降伏した。ナポレオン降伏後は第二帝政政府に代わり、第三共和政政府(臨時政府)が戦争を指導することになった。だが新たに編成されたフランス軍も帝政時代と同じくプロイセン軍に一蹴され、5ヶ月間の北フランス攻撃を経て、1871年1月28日に首都パリを占領された。パリ陥落の10日前にプロイセン王ヴィルヘルム1世は征服したフランスのヴェルサイユ宮殿で盛大な戴冠式を行い、ドイツ皇帝に即位した。パリ占領後の1871年5月10日、フランクフルト講和条約が締結され、正式にフランスはプロイセンに降伏した。
rdfs:label
  • 普仏戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 普仏戦争
is dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:campaign of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:conflict of
is prop-ja:partof of
is prop-ja:wars of
is prop-ja:主な戦歴 of
is prop-ja:戦争 of
is prop-ja:戦闘 of
is foaf:primaryTopic of