Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、古代中央集権政府における徴兵制の崩壊後、武家と幕府の誕生となり、室町幕府の崩壊と共に戦国時代への変化、そして江戸時代による文治政治を経て明治維新後の近代的徴兵制に基づく国民軍の成立と帝国主義による対外戦争に特徴づけられる。日本は第二次世界大戦で総力戦を経験して軍民ともに壊滅的な損害を蒙り敗戦した。敗戦後、アメリカ軍を主体とする連合国軍に占領された後に、日本国憲法によって自衛を除いた武力行使および砲艦外交を禁じられた自衛隊を創設し、現在に至る。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 648705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58393809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、古代中央集権政府における徴兵制の崩壊後、武家と幕府の誕生となり、室町幕府の崩壊と共に戦国時代への変化、そして江戸時代による文治政治を経て明治維新後の近代的徴兵制に基づく国民軍の成立と帝国主義による対外戦争に特徴づけられる。日本は第二次世界大戦で総力戦を経験して軍民ともに壊滅的な損害を蒙り敗戦した。敗戦後、アメリカ軍を主体とする連合国軍に占領された後に、日本国憲法によって自衛を除いた武力行使および砲艦外交を禁じられた自衛隊を創設し、現在に至る。
rdfs:label
  • 日本の軍事史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainInterests of
is foaf:primaryTopic of