日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権(封建制)、江戸幕府の文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍・帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。

Property Value
dbo:abstract
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権(封建制)、江戸幕府の文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍・帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。 (ja)
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権(封建制)、江戸幕府の文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍・帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 648705 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 51815 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81397146 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right (ja)
  • right (ja)
prop-ja:caption
  • 若宮 (水上機母艦)。1914年9月、世界初の海上空襲が行われた。 (ja)
  • 日本の鳳翔 (空母)(1922年)は、空母として設計・建造された船として世界最初に就役した。 (ja)
  • 伝狩野元信画『源平合戦図屏風』赤間神宮所蔵 (ja)
  • 壇ノ浦の戦い、海戦(1185年) (ja)
  • 大和 (戦艦) (1941年) (ja)
  • 日本海軍の主力零式艦上戦闘機 (ja)
  • 若宮 (水上機母艦)。1914年9月、世界初の海上空襲が行われた。 (ja)
  • 日本の鳳翔 (空母)(1922年)は、空母として設計・建造された船として世界最初に就役した。 (ja)
  • 伝狩野元信画『源平合戦図屏風』赤間神宮所蔵 (ja)
  • 壇ノ浦の戦い、海戦(1185年) (ja)
  • 大和 (戦艦) (1941年) (ja)
  • 日本海軍の主力零式艦上戦闘機 (ja)
prop-ja:image
  • A6M3_Model22_UI105_Nishizawa.jpg (ja)
  • Genpei_kassen_2.jpg (ja)
  • Japanese_aircraft_carrier_Hōshō_Tokyo_Bay.jpg (ja)
  • Wakamiya.jpg (ja)
  • Yamato_during_Trial_Service.jpg (ja)
  • Battle-of-Akama-Strait-at-Dan-no-Ura-in-Choshu-1185.png (ja)
  • A6M3_Model22_UI105_Nishizawa.jpg (ja)
  • Genpei_kassen_2.jpg (ja)
  • Japanese_aircraft_carrier_Hōshō_Tokyo_Bay.jpg (ja)
  • Wakamiya.jpg (ja)
  • Yamato_during_Trial_Service.jpg (ja)
  • Battle-of-Akama-Strait-at-Dan-no-Ura-in-Choshu-1185.png (ja)
prop-ja:perrow
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 220 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権(封建制)、江戸幕府の文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍・帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。 (ja)
  • 日本の軍事史(にほんのぐんじし)は、豪族(国造)の私兵から律令制に基づく大規模な国家兵力たる軍団の設立、その廃止に伴う治安悪化のために私的に自己武装した武士の誕生、その武士の武力と主従関係が公的権力となった武家政権(封建制)、江戸幕府の文治政治による武力の抑制、19世紀の国際関係に対応するための近代的徴兵制に基づく国民軍たる帝国陸軍・帝国海軍の設立とその巨大化、第二次世界大戦の敗戦による日本国憲法による武力の放棄、さらに自衛に特化した自衛隊の創設という流れをたどり、現在に至る。 (ja)
rdfs:label
  • 日本の軍事史 (ja)
  • 日本の軍事史 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:mainInterests of
is foaf:primaryTopic of