Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 小田急4000形電車(おだきゅう4000がたでんしゃ)は、小田急電鉄(小田急)で1966年から2005年まで運用されていた通勤車両である。開業当時から戦後間もないころにかけて製造された旧形式車両の主電動機を流用し、車体や制御機器を新製することにより輸送力の強化を図った車両で、登場当初は非冷房・吊り掛け駆動方式で3両固定編成×22編成が製造されたが、1974年から1976年にかけて中間車を増備の上、一部の編成を5両固定編成としており、最終的には合計92両が製造された。1985年以降は2400形(HE車)の主電動機を流用して高性能化するとともに冷房化改造が行なわれ、同時に4両固定編成×8編成と6両固定編成×10編成に組成変更されたが、2003年から3000形の増備によって淘汰が開始され、2005年までに全車両が廃車となった。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿寄り先頭車の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「4004×5」「4014×3」「4055×4」「4251×6」のように表記する。また、特定の車両については車両番号から「デハ4100番台」などのように表記し、1200形・1400形をまとめて「HB車」、1600形・1700形・1900形・2100形をまとめて「ABF車」、2400形を「HE車」、2600形を「NHE車」と表記する。ただし、5000形以降の形式はそのまま表記する。
dbpedia-owl:capacity
  • 144 (xsd:integer)
  • 162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 147886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 29950 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 139 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55739479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:pxl
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • self
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ブレーキ方式
  • 自動空気ブレーキ(AMMR-L・1968年まで)
  • 電磁直通ブレーキ(HSC・1969年以降)
prop-ja:モーター出力
  • 93.300000 (xsd:double)
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:主電動機
  • 三菱電機 MB-146-AR(吊)
  • 三菱電機 MB-146-CFR(吊)
  • 三菱電機 MB-3039-A(高)
prop-ja:保安装置
  • OM-ATS(1969年以降)
prop-ja:備考
  • 諸元の「吊」は吊り掛け車時代、「高」は高性能車時代
prop-ja:制御装置
prop-ja:台車
  • 東急車輛製造 PIII-706T(吊・付随台車)
  • 東急車輛製造 TS-818(吊・電動台車→高・付随台車)
  • 東急車輛製造 PIII-706M(吊・電動台車)
  • 東急車輛製造 TS-814(吊・付随台車)
  • 東急車輛製造 TS-826(高・電動台車)
prop-ja:最大寸法
  • 20000 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 59 (xsd:integer)
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:減速度(常用最大)_
  • 3.500000 (xsd:double)
prop-ja:減速度(非常)_
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • Oer4000original.JPG
prop-ja:画像説明
  • 不定期急行に使用される吊り掛け車時代の4000形電車(1981年)
prop-ja:社色
  • #00677E
prop-ja:編成
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:設計最高速度
  • 95 (xsd:integer)
  • 110 (xsd:integer)
prop-ja:起動加速度
  • 1.700000 (xsd:double)
  • 2.300000 (xsd:double)
  • 2.600000 (xsd:double)
prop-ja:車両名
  • 小田急4000形電車
prop-ja:車両定員
  • 144 (xsd:integer)
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:軌間
  • 1067.0
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500V
  • (架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 小田急4000形電車(おだきゅう4000がたでんしゃ)は、小田急電鉄(小田急)で1966年から2005年まで運用されていた通勤車両である。開業当時から戦後間もないころにかけて製造された旧形式車両の主電動機を流用し、車体や制御機器を新製することにより輸送力の強化を図った車両で、登場当初は非冷房・吊り掛け駆動方式で3両固定編成×22編成が製造されたが、1974年から1976年にかけて中間車を増備の上、一部の編成を5両固定編成としており、最終的には合計92両が製造された。1985年以降は2400形(HE車)の主電動機を流用して高性能化するとともに冷房化改造が行なわれ、同時に4両固定編成×8編成と6両固定編成×10編成に組成変更されたが、2003年から3000形の増備によって淘汰が開始され、2005年までに全車両が廃車となった。小田急では、編成表記の際には「新宿寄り先頭車両の車両番号(新宿寄り先頭車の車号)×両数」という表記を使用しているため、本項もそれに倣い、特定の編成を表記する際には「4004×5」「4014×3」「4055×4」「4251×6」のように表記する。また、特定の車両については車両番号から「デハ4100番台」などのように表記し、1200形・1400形をまとめて「HB車」、1600形・1700形・1900形・2100形をまとめて「ABF車」、2400形を「HE車」、2600形を「NHE車」と表記する。ただし、5000形以降の形式はそのまま表記する。
rdfs:label
  • 小田急4000形電車 (初代)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 小田急4000形電車
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of