Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 大きさ順の太陽系天体の一覧(おおきさじゅんのたいようけいてんたいのいちらん)では、平均半径が判明している、または推定されている太陽系内の主な天体を大きな順に並べている。この一覧は天体の質量や体積、表面重力の順に並び替えることもできる。この一覧に含まれているのは、太陽、惑星、準惑星、大型の太陽系小天体(準惑星候補を含む小惑星や太陽系外縁天体 (TNO) の一部)、それらの衛星、そして科学的・歴史的に興味深い彗星や地球近傍小惑星といった他の天体である。一般に天体の密度はそれぞれ異なるため、半径順や質量順のリストでは順序が異なっている。例えば、天王星は海王星よりも体積が大きいが、質量は小さい。また、ガニメデやタイタンは水星よりも体積は大きいが、質量は水星の半分以下である。1990年代以降、非常に大きな外縁天体が続々と発見されている。見つかってからまだ日が浅いため、これらの半径の数値は暫定的である。以下のリストでは幅や近似位置で表示されることがある。1021 kg 以上の質量を持つ天体は、ほぼ球状の形をしていることが知られている。天文学的に、天体自身の重力が自らの物理的構造の強度を上回るとき、静水圧平衡に達し、その天体は丸みを帯びた形に変形していく。なお、氷天体は岩石天体よりレギュラー (調整の取れた形)になりやすく、事実氷天体は低い質量でも、その多くが回転楕円体の形をしている。半径が 200 km を超えるか超えないかが、レギュラーとなるか否かの大よその境界である。テティスやケレス、ミマスといった、1018 kg から 1021 kg の質量を持つ大きな天体は自重力のため、均衡の取れた扁球の形をしている。一方、アマルテアやヤヌスといった質量の小さいラブルパイル天体 (rubble pile) は丸みを帯びてはいるが、球状ではなく、イレギュラー と呼ばれる。一般的に、楕円形の天体には自転による遠心力のため、平らな極がいくつか存在している。しかし、イレギュラーな形である天体の特徴は2つの赤道直径の長さが非常に異なるということである。土星より遠方に存在する天体の半径を計算することは一般的に難しい。以下のリストに掲載されているTNOの直径のデータはいくらかの信憑性があるが、非連星TNOの参照のない質量・密度データは実際のところ信憑性がない。多くのTNOは、密度 0.5 g/cm3 ほどの彗星と同密度の密度であるにもかかわらず、2.0 g/cm3 と想定されている。ゆえに、多くのTNOには地球との質量比較は掲載しない。ガリレオやカッシーニといった探査機の数多くの観測により、木星と土星の衛星の大きさと質量はよく知られている。しかしヒマリアのような、半径が 100 km 以下の衛星の多くは、未だ質量がよく分かっていない。さらに、土星より遠方の天体になると、より不明確になる。天王星や海王星の長期的な衛星研究のための探査機は未だ打ち上げられていない。シコラクスのようなボイジャー2号のフライバイでも発見されなかった天王星の小さな不規則衛星の推定質量やアルベドは NASA のウェブページによっても異なる。ミランダより小さい一覧の天体データは質量や半径の数値が不確実であり、形状や密度分布が不規則であるため信憑性に欠けている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2003316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 91803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 1064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57755314 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 大きさ順の太陽系天体の一覧(おおきさじゅんのたいようけいてんたいのいちらん)では、平均半径が判明している、または推定されている太陽系内の主な天体を大きな順に並べている。この一覧は天体の質量や体積、表面重力の順に並び替えることもできる。この一覧に含まれているのは、太陽、惑星、準惑星、大型の太陽系小天体(準惑星候補を含む小惑星や太陽系外縁天体 (TNO) の一部)、それらの衛星、そして科学的・歴史的に興味深い彗星や地球近傍小惑星といった他の天体である。一般に天体の密度はそれぞれ異なるため、半径順や質量順のリストでは順序が異なっている。例えば、天王星は海王星よりも体積が大きいが、質量は小さい。また、ガニメデやタイタンは水星よりも体積は大きいが、質量は水星の半分以下である。1990年代以降、非常に大きな外縁天体が続々と発見されている。見つかってからまだ日が浅いため、これらの半径の数値は暫定的である。以下のリストでは幅や近似位置で表示されることがある。1021 kg 以上の質量を持つ天体は、ほぼ球状の形をしていることが知られている。天文学的に、天体自身の重力が自らの物理的構造の強度を上回るとき、静水圧平衡に達し、その天体は丸みを帯びた形に変形していく。なお、氷天体は岩石天体よりレギュラー (調整の取れた形)になりやすく、事実氷天体は低い質量でも、その多くが回転楕円体の形をしている。半径が 200 km を超えるか超えないかが、レギュラーとなるか否かの大よその境界である。テティスやケレス、ミマスといった、1018 kg から 1021 kg の質量を持つ大きな天体は自重力のため、均衡の取れた扁球の形をしている。一方、アマルテアやヤヌスといった質量の小さいラブルパイル天体 (rubble pile) は丸みを帯びてはいるが、球状ではなく、イレギュラー と呼ばれる。一般的に、楕円形の天体には自転による遠心力のため、平らな極がいくつか存在している。しかし、イレギュラーな形である天体の特徴は2つの赤道直径の長さが非常に異なるということである。土星より遠方に存在する天体の半径を計算することは一般的に難しい。以下のリストに掲載されているTNOの直径のデータはいくらかの信憑性があるが、非連星TNOの参照のない質量・密度データは実際のところ信憑性がない。多くのTNOは、密度 0.5 g/cm3 ほどの彗星と同密度の密度であるにもかかわらず、2.0 g/cm3 と想定されている。ゆえに、多くのTNOには地球との質量比較は掲載しない。ガリレオやカッシーニといった探査機の数多くの観測により、木星と土星の衛星の大きさと質量はよく知られている。しかしヒマリアのような、半径が 100 km 以下の衛星の多くは、未だ質量がよく分かっていない。さらに、土星より遠方の天体になると、より不明確になる。天王星や海王星の長期的な衛星研究のための探査機は未だ打ち上げられていない。シコラクスのようなボイジャー2号のフライバイでも発見されなかった天王星の小さな不規則衛星の推定質量やアルベドは NASA のウェブページによっても異なる。ミランダより小さい一覧の天体データは質量や半径の数値が不確実であり、形状や密度分布が不規則であるため信憑性に欠けている。
rdfs:label
  • 大きさ順の太陽系天体の一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of