FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 このような長期低落傾向が嫌気され、古参の開発者が離脱するなどの動きが表面化し、それがさらなる利用者の減少につながるという、負のスパイラルに陥っている。

Property Value
dbo:abstract
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 FreeBSD プロジェクトには、ベースディストリビューションに含まれるすべてのソフトウェアを監督するセキュリティチームが含まれている。広範囲のサードパーティ製アプリケーションを追加するには、 pkgパッケージ管理システムや FreeBSD Ports を使ったり、ソースコードをコンパイルしたりしてインストールすることができる。 系譜的にはUNIX本流ともいえるOSであり、Netflixで利用されているほか、過去にはHotmailなどのサーバとして利用されていた実績を有するが、現在では多くがLinuxやWindowsに置き換えられており、実用に供されている事例は極めて少ない。現在の利用状況に関しては、デスクトップOSのシェアは0.01%以下で計測不能であり、サーバOSのシェアは0.2%程度と、泡沫ともいえる厳しい状況が続いている。時系列的にも、シェアは低下の一途をたどっており、反転のきざしは見えない。 このような長期低落傾向が嫌気され、古参の開発者が離脱するなどの動きが表面化し、それがさらなる利用者の減少につながるという、負のスパイラルに陥っている。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 FreeBSD プロジェクトには、ベースディストリビューションに含まれるすべてのソフトウェアを監督するセキュリティチームが含まれている。広範囲のサードパーティ製アプリケーションを追加するには、 pkgパッケージ管理システムや FreeBSD Ports を使ったり、ソースコードをコンパイルしたりしてインストールすることができる。 系譜的にはUNIX本流ともいえるOSであり、過去にはHotmailなどのサーバとして利用されていた実績を有するが、現在では多くがLinuxに置き換えられている。現在の利用状況に関しては、デスクトップOSのシェアは0.01%以下で計測不能であり、サーバOSのシェアは1%程度と厳しい状況が続いている。一方でNetflix社のようにFreeBSDサーバーを積極的に活用し、1台あたり400Gbpsという規模のコンテンツ配信を行っているところもある。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 FreeBSD プロジェクトには、ベースディストリビューションに含まれるすべてのソフトウェアを監督するセキュリティチームが含まれている。広範囲のサードパーティ製アプリケーションを追加するには、 pkgパッケージ管理システムや FreeBSD Ports を使ったり、ソースコードをコンパイルしたりしてインストールすることができる。 系譜的にはUNIX本流ともいえるOSであり、Netflixで利用されているほか、過去にはHotmailなどのサーバとして利用されていた実績を有するが、現在では多くがLinuxやWindowsに置き換えられており、実用に供されている事例は極めて少ない。現在の利用状況に関しては、デスクトップOSのシェアは0.01%以下で計測不能であり、サーバOSのシェアは0.2%程度と、泡沫ともいえる厳しい状況が続いている。時系列的にも、シェアは低下の一途をたどっており、反転のきざしは見えない。 このような長期低落傾向が嫌気され、古参の開発者が離脱するなどの動きが表面化し、それがさらなる利用者の減少につながるという、負のスパイラルに陥っている。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 FreeBSD プロジェクトには、ベースディストリビューションに含まれるすべてのソフトウェアを監督するセキュリティチームが含まれている。広範囲のサードパーティ製アプリケーションを追加するには、 pkgパッケージ管理システムや FreeBSD Ports を使ったり、ソースコードをコンパイルしたりしてインストールすることができる。 系譜的にはUNIX本流ともいえるOSであり、過去にはHotmailなどのサーバとして利用されていた実績を有するが、現在では多くがLinuxに置き換えられている。現在の利用状況に関しては、デスクトップOSのシェアは0.01%以下で計測不能であり、サーバOSのシェアは1%程度と厳しい状況が続いている。一方でNetflix社のようにFreeBSDサーバーを積極的に活用し、1台あたり400Gbpsという規模のコンテンツ配信を行っているところもある。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1091 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 67943 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 69189 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81599768 (xsd:integer)
  • 86455690 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • アスキーアートのロゴが表示されたFreeBSD 12.1のブートローダ (ja)
  • アスキーアートのロゴが表示されたFreeBSD 12.1のブートローダ (ja)
prop-ja:developer
  • The FreeBSD Project (ja)
  • The FreeBSD Project (ja)
prop-ja:family
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:kernelType
prop-ja:latestTestDate
  • daily (ja)
  • daily (ja)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • FreeBSD textlogo.svg (ja)
  • FreeBSD textlogo.svg (ja)
prop-ja:name
  • FreeBSD (ja)
  • FreeBSD (ja)
prop-ja:packageManager
  • pkg, ports (ja)
  • pkg, ports (ja)
prop-ja:screenshot
  • 400 (xsd:integer)
  • VirtualBox FreeBSD 12.1 07 05 2020 11 59 43.png (ja)
prop-ja:sourceModel
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 開発中 (ja)
  • 開発中 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 このような長期低落傾向が嫌気され、古参の開発者が離脱するなどの動きが表面化し、それがさらなる利用者の減少につながるという、負のスパイラルに陥っている。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 このような長期低落傾向が嫌気され、古参の開発者が離脱するなどの動きが表面化し、それがさらなる利用者の減少につながるという、負のスパイラルに陥っている。 (ja)
  • FreeBSD(フリービーエスディー)は、フリーでオープンソースの Unix風のオペレーティングシステムである。Research Unix をベースにした Berkeley Software Distribution に由来しており、最初のバージョンは 1993 年にリリースされた。2005 年には、FreeBSD は最も人気のあるオープンソースの BSD オペレーティングシステムとなり、単純に寛容にライセンスされたBSD システムのインストール数の 4 分の 3 以上を占めていた。 FreeBSD は Linuxと似ているが、 範囲とライセンスに2つの大きな違いがある。すなわち、Linux はカーネルとデバイスドライバのみを提供し、システムソフトウェアをサードパーティーに頼っているのに対し、FreeBSDはカーネル 、 デバイスドライバ 、 ユーザーランドユーティリティ、およびドキュメントといった完全なシステムを維持している。また、FreeBSD のソースコードは通常、寛容なBSDライセンスでリリースされており、Linux で使われているコピーレフトの GPLとは対照的である。 (ja)
rdfs:label
  • FreeBSD (ja)
  • FreeBSD (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:operatingSystem of
is dbo:programmingLanguage of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:family of
is prop-ja:operatingSystem of
is prop-ja:os of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:spec of
is prop-ja:対応os of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of