豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 豊臣秀吉の異父弟(同父弟説もある)。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、天下統一に貢献した。 最終的には大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称された。秀吉は秀長を隣に配して重用し、また秀長も秀吉に異を唱え制御できる人物であった。短期間で成長を遂げ、徳川家康や伊達政宗など外様大名を抱える豊臣政権における調整役であり、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物だった。

Property Value
dbo:abstract
  • 豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 豊臣秀吉の異父弟(同父弟説もある)。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、天下統一に貢献した。 最終的には大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称された。秀吉は秀長を隣に配して重用し、また秀長も秀吉に異を唱え制御できる人物であった。短期間で成長を遂げ、徳川家康や伊達政宗など外様大名を抱える豊臣政権における調整役であり、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物だった。 (ja)
  • 豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 豊臣秀吉の異父弟(同父弟説もある)。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、天下統一に貢献した。 最終的には大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称された。秀吉は秀長を隣に配して重用し、また秀長も秀吉に異を唱え制御できる人物であった。短期間で成長を遂げ、徳川家康や伊達政宗など外様大名を抱える豊臣政権における調整役であり、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物だった。 (ja)
dbo:alias
  • 長秀、通称:小一郎、美濃守、大和大納言 (ja)
  • 大光院殿前亜相春岳紹栄大居士 (ja)
  • 小竹(幼名) (ja)
  • 木下長秀 → 羽柴秀長 → 豊臣秀長 (ja)
  • 長秀、通称:小一郎、美濃守、大和大納言 (ja)
  • 大光院殿前亜相春岳紹栄大居士 (ja)
  • 小竹(幼名) (ja)
  • 木下長秀 → 羽柴秀長 → 豊臣秀長 (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:spouse
dbo:wikiPageID
  • 37187 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9851 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 9977 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81326658 (xsd:integer)
  • 86625977 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 長秀、通称:小一郎、美濃守、大和大納言 (ja)
  • 長秀、通称:小一郎、美濃守、大和大納言 (ja)
prop-ja:墓所
  • 京都市大徳寺大光院 (ja)
  • 奈良県大和郡山市(大納言塚) (ja)
  • 京都市大徳寺大光院 (ja)
  • 奈良県大和郡山市(大納言塚) (ja)
prop-ja:
prop-ja:
prop-ja:官位
prop-ja:戒名
  • 大光院殿前亜相春岳紹栄大居士 (ja)
  • 大光院殿前亜相春岳紹栄大居士 (ja)
prop-ja:改名
  • 小竹(幼名) (ja)
  • 木下長秀 → 羽柴秀長 → 豊臣秀長 (ja)
  • 小竹(幼名) (ja)
  • 木下長秀 → 羽柴秀長 → 豊臣秀長 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --01-22
prop-ja:氏名
  • 豊臣秀長 (ja)
  • 豊臣秀長 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:竹阿弥、母:仲 (ja)
  • 父:竹阿弥、母:仲 (ja)
prop-ja:生誕
  • --03-02
prop-ja:画像
  • Hidenaga Toyotomi.jpg (ja)
  • Hidenaga Toyotomi.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 豊臣秀長像(奈良県大和郡山市の春岳院所蔵) (ja)
  • 豊臣秀長像(奈良県大和郡山市の春岳院所蔵) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 豊臣秀吉の異父弟(同父弟説もある)。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、天下統一に貢献した。 最終的には大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称された。秀吉は秀長を隣に配して重用し、また秀長も秀吉に異を唱え制御できる人物であった。短期間で成長を遂げ、徳川家康や伊達政宗など外様大名を抱える豊臣政権における調整役であり、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物だった。 (ja)
  • 豊臣 秀長(とよとみ ひでなが / とよとみ の ひでなが) または羽柴 秀長(はしば ひでなが)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。 豊臣秀吉の異父弟(同父弟説もある)。豊臣政権において内外の政務および軍事面で活躍を見せ、天下統一に貢献した。 最終的には大和・紀伊・和泉の3ヶ国に河内国の一部を加え、約110余万石の大名となるに至る。また官位も従二位権大納言に栄進したことから、大和大納言と尊称された。秀吉は秀長を隣に配して重用し、また秀長も秀吉に異を唱え制御できる人物であった。短期間で成長を遂げ、徳川家康や伊達政宗など外様大名を抱える豊臣政権における調整役であり、政権の安定には欠かせぬ貴重な人物だった。 (ja)
rdfs:label
  • 豊臣秀長 (ja)
  • 豊臣秀長 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 豊臣秀長 (ja)
  • 豊臣秀長 (ja)
is dbo:child of
is dbo:enshrinedDeity of
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:builders of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:revamp of
is prop-ja:主な祭神 of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is prop-ja:子供 of
is prop-ja:父母 of
is prop-ja:祭神 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of