熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。熊谷直貞の次男。 熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の6代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、明らかではない。直実の祖父・(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。 平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。のちに出家して法然の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。 『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。 なお、熊谷市では、通称を組み合わせた「熊谷次郎直実」の名で紹介している。

Property Value
dbo:abstract
  • 熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。熊谷直貞の次男。 熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の6代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、明らかではない。直実の祖父・(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。 平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。のちに出家して法然の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。 『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。 なお、熊谷市では、通称を組み合わせた「熊谷次郎直実」の名で紹介している。 (ja)
  • 熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。熊谷直貞の次男。 熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の6代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、明らかではない。直実の祖父・(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。 平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。のちに出家して法然の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。 『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。 なお、熊谷市では、通称を組み合わせた「熊谷次郎直実」の名で紹介している。 (ja)
dbo:alias
  • 次郎(通称) (ja)
  • 直実→蓮生(法名) (ja)
  • 次郎(通称) (ja)
  • 直実→蓮生(法名) (ja)
dbo:child
dbo:parent
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1050659 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14727 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 14736 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80919075 (xsd:integer)
  • 86349981 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:archivedate
  • 2013-04-27 (xsd:date)
prop-ja:archiveurl
prop-ja:date
  • --11-30
  • --12-01
prop-ja:deadlink
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 「p.185以下」では不明瞭。 (ja)
  • 箱田念仏堂 (ja)
  • 「p.185以下」では不明瞭。 (ja)
  • 箱田念仏堂 (ja)
prop-ja:url
  • http://homepage2.nifty.com/kssm/etc/minwa/nenbutu.html (ja)
  • http://homepage2.nifty.com/kssm/etc/minwa/nenbutu.html (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:別名
  • 次郎(通称) (ja)
  • 次郎(通称) (ja)
prop-ja:名前
  • 法力房蓮生 (ja)
  • 法力房蓮生 (ja)
prop-ja:墓所
prop-ja:
  • 直家、実景、直勝、家真(実家) (ja)
  • 直家、実景、直勝、家真(実家) (ja)
prop-ja:宗旨
prop-ja:寺院
  • 開基:熊谷山宝樹寺(京都市)など。 (ja)
  • 中興:応頂山勝尾寺(箕面市)など。 (ja)
  • 開基:報国山光明寺 、 (ja)
  • 開基:熊谷山仏導寺(長野市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山法然寺(京都市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(日高町)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(藤枝市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(長野市)、 (ja)
  • 開基:蓮池院熊谷堂(京都市)、 (ja)
  • 開基:蓮生山熊谷寺(熊谷市)、 (ja)
  • 開基:誕生寺(久米南町)、 (ja)
  • 開基:熊谷山宝樹寺(京都市)など。 (ja)
  • 中興:応頂山勝尾寺(箕面市)など。 (ja)
  • 開基:報国山光明寺 、 (ja)
  • 開基:熊谷山仏導寺(長野市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山法然寺(京都市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(日高町)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(藤枝市)、 (ja)
  • 開基:熊谷山蓮生寺(長野市)、 (ja)
  • 開基:蓮池院熊谷堂(京都市)、 (ja)
  • 開基:蓮生山熊谷寺(熊谷市)、 (ja)
  • 開基:誕生寺(久米南町)、 (ja)
prop-ja:
prop-ja:幕府
prop-ja:
prop-ja:改名
  • 直実→蓮生(法名) (ja)
  • 直実→蓮生(法名) (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --09-04
prop-ja:氏名
  • 熊谷直実 (ja)
  • 熊谷直実 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:没地
  • 別説:紫雲山蓮池院熊谷堂(京都市) (ja)
  • 熊谷寺(熊谷市)、 (ja)
  • 別説:紫雲山蓮池院熊谷堂(京都市) (ja)
  • 熊谷寺(熊谷市)、 (ja)
prop-ja:父母
  • 父:熊谷直貞 (ja)
  • 父:熊谷直貞 (ja)
prop-ja:生地
  • 熊谷(くまがい)の自宅:熊谷寺(熊谷市) (ja)
  • 熊谷(くまがい)の自宅:熊谷寺(熊谷市) (ja)
prop-ja:生没年
  • --02-15
  • --09-04
  • --09-14
prop-ja:生誕
  • --02-15
prop-ja:画像
  • 260 (xsd:integer)
  • Kumagai Naozane Statue 01a.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 熊谷之次郎直實像/北村西望作ブロンズ製(JR熊谷駅北口) (ja)
  • 熊谷之次郎直實像/北村西望作ブロンズ製(JR熊谷駅北口) (ja)
prop-ja:著作
  • 蓮生誓願状 (京都・清凉寺蔵) (ja)
  • 蓮生誓願状 (京都・清凉寺蔵) (ja)
prop-ja:説明文
  • 蓮生法師(菊池容斎・画、明治時代) - 「行住座臥、西方に背を向けず」 (ja)
  • 蓮生法師(菊池容斎・画、明治時代) - 「行住座臥、西方に背を向けず」 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。熊谷直貞の次男。 熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の6代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、明らかではない。直実の祖父・(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。 平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。のちに出家して法然の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。 『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。 なお、熊谷市では、通称を組み合わせた「熊谷次郎直実」の名で紹介している。 (ja)
  • 熊谷 直実(くまがい なおざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将。武蔵国熊谷郷(現埼玉県熊谷市)を本拠地とした。熊谷直貞の次男。 熊谷氏は桓武平氏・平貞盛の孫・維時(これとき)の6代の孫を称するが、武蔵七党の私市党、丹波党の分かれともされ、明らかではない。直実の祖父・(もりかた)が勅勘をうけたのち、父直貞の時代から大里郡熊谷郷の領主となり、熊谷を名乗った。 平家に仕えていたが、石橋山の戦いを契機として源頼朝に臣従し御家人となる。のちに出家して法然の門徒となり蓮生(れんしょう / れんせい)と号した。 『平家物語』「敦盛最期」の段における平敦盛との一騎討ちは、直実は敦盛とともにこの故事の主人公として、能の演目『敦盛』、幸若舞の演曲『敦盛』といった作品に取り上げられている。 なお、熊谷市では、通称を組み合わせた「熊谷次郎直実」の名で紹介している。 (ja)
rdfs:label
  • 熊谷直実 (ja)
  • 熊谷直実 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 熊谷直実 (ja)
  • 熊谷直実 (ja)
is dbo:parent of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja: of
is prop-ja:弟子 of
is prop-ja:開基 of
is prop-ja:開山 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of