文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。 1. * ハイカルチャーのように洗練された生活様式 2. * ポップカルチャーのような大衆的な生活様式 3. * 伝統的な行為 なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている。

Property Value
dbo:abstract
  • 文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。 1. * ハイカルチャーのように洗練された生活様式 2. * ポップカルチャーのような大衆的な生活様式 3. * 伝統的な行為 なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている。 (ja)
  • 文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。 1. * ハイカルチャーのように洗練された生活様式 2. * ポップカルチャーのような大衆的な生活様式 3. * 伝統的な行為 なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3617 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 12862 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81623205 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:commons
  • Category:Culture (ja)
  • Category:Culture (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikibooks
  • Category:文化 (ja)
  • Category:文化 (ja)
prop-ja:wikinews
  • Category:文化 (ja)
  • Category:文化 (ja)
prop-ja:wikisource
  • Category:文化 (ja)
  • Category:文化 (ja)
prop-ja:wikiversity
  • Category:文化 (ja)
  • Category:文化 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。 1. * ハイカルチャーのように洗練された生活様式 2. * ポップカルチャーのような大衆的な生活様式 3. * 伝統的な行為 なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている。 (ja)
  • 文化(ぶんか、ラテン語: cultura)にはいくつかの定義が存在するが、総じていうと人間が社会の構成員として獲得する多数の振る舞いの全体のことである。社会組織(年齢別グループ、地域社会、血縁組織などを含む)ごとに固有の文化があるとされ、組織の成員になるということは、その文化を身につける(身体化)ということでもある。人は同時に複数の組織に所属することが可能であり、異なる組織に共通する文化が存在することもある。もっとも文化は、次の意味で使われることも多い。 1. * ハイカルチャーのように洗練された生活様式 2. * ポップカルチャーのような大衆的な生活様式 3. * 伝統的な行為 なお、日本語の「文化」という語は坪内逍遥によるものとされている。 (ja)
rdfs:label
  • 文化 (ja)
  • 文化 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:description of
is prop-ja:field of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:purpose of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:創始 of
is prop-ja:専門分野 of
is prop-ja:用途 of
is prop-ja:研究分野 of
is foaf:primaryTopic of