和田合戦(わだがっせん)は、鎌倉時代初期の建暦3年(1213年)5月に鎌倉幕府内で起こった有力御家人和田義盛の反乱である。 建暦3年(1213年)2月、北条義時を排除しようと企む泉親衡の謀反が露見、その折に和田義盛の息子の義直、と甥の胤長が捕縛される。その後、息子2人は配慮され赦免になる。義盛は三浦を含む一族を挙げて甥の胤長も赦免を懇請したが、胤長は首謀者格と同等のため許されず流罪になる。さらにその後、元の胤長の屋敷が没収される。これらの件で両者の関係は悪化する。鎌倉幕府創業の功臣であり侍所別当の和田義盛は5月、姻戚関係にあった横山党や同族の三浦義村と結んで北条氏を打倒するための挙兵をした。だが、土壇場で義村は御所側へ付き、兵力不足のまま和田一族は将軍御所を襲撃、鎌倉で市街戦を展開した。合戦は2日間にわたり続くが、将軍実朝を擁し兵力で勝る義時が圧倒、和田一族は力尽き、義盛は敗死した。 この合戦の勝利により、北条氏の執権体制はより強固なものとなった。

Property Value
dbo:abstract
  • 和田合戦(わだがっせん)は、鎌倉時代初期の建暦3年(1213年)5月に鎌倉幕府内で起こった有力御家人和田義盛の反乱である。 建暦3年(1213年)2月、北条義時を排除しようと企む泉親衡の謀反が露見、その折に和田義盛の息子の義直、と甥の胤長が捕縛される。その後、息子2人は配慮され赦免になる。義盛は三浦を含む一族を挙げて甥の胤長も赦免を懇請したが、胤長は首謀者格と同等のため許されず流罪になる。さらにその後、元の胤長の屋敷が没収される。これらの件で両者の関係は悪化する。鎌倉幕府創業の功臣であり侍所別当の和田義盛は5月、姻戚関係にあった横山党や同族の三浦義村と結んで北条氏を打倒するための挙兵をした。だが、土壇場で義村は御所側へ付き、兵力不足のまま和田一族は将軍御所を襲撃、鎌倉で市街戦を展開した。合戦は2日間にわたり続くが、将軍実朝を擁し兵力で勝る義時が圧倒、和田一族は力尽き、義盛は敗死した。 この合戦の勝利により、北条氏の執権体制はより強固なものとなった。 (ja)
  • 和田合戦(わだがっせん)は、鎌倉時代初期の建暦3年(1213年)5月に鎌倉幕府内で起こった有力御家人和田義盛の反乱である。 建暦3年(1213年)2月、北条義時を排除しようと企む泉親衡の謀反が露見、その折に和田義盛の息子の義直、と甥の胤長が捕縛される。その後、息子2人は配慮され赦免になる。義盛は三浦を含む一族を挙げて甥の胤長も赦免を懇請したが、胤長は首謀者格と同等のため許されず流罪になる。さらにその後、元の胤長の屋敷が没収される。これらの件で両者の関係は悪化する。鎌倉幕府創業の功臣であり侍所別当の和田義盛は5月、姻戚関係にあった横山党や同族の三浦義村と結んで北条氏を打倒するための挙兵をした。だが、土壇場で義村は御所側へ付き、兵力不足のまま和田一族は将軍御所を襲撃、鎌倉で市街戦を展開した。合戦は2日間にわたり続くが、将軍実朝を擁し兵力で勝る義時が圧倒、和田一族は力尽き、義盛は敗死した。 この合戦の勝利により、北条氏の執権体制はより強固なものとなった。 (ja)
dbo:casualties
  • 3 (xsd:integer)
  • 188 (xsd:integer)
  • 234 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 北条氏、三浦氏、足利氏、千葉氏など
  • 和田氏、横山党、土屋氏など
dbo:description
  • 『和田合戦図』(二代目歌川豊国画) (ja)
  • 『和田合戦図』(二代目歌川豊国画) (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • 和田氏一族の滅亡、執権北条氏の勝利
dbo:strength
  • 3千数百騎
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 120423 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5751 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87927796 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 和田合戦 (ja)
  • 和田合戦 (ja)
prop-ja:caption
  • 『和田合戦図』(二代目歌川豊国画) (ja)
  • 『和田合戦図』(二代目歌川豊国画) (ja)
prop-ja:casualties
  • 討死・自害234名 刑死3名(岡崎親子) (ja)
  • 負傷者188名 (ja)
  • 討死・自害234名 刑死3名(岡崎親子) (ja)
  • 負傷者188名 (ja)
prop-ja:combatant
  • 北条氏、三浦氏、足利氏、千葉氏など (ja)
  • 和田氏、横山党、土屋氏など (ja)
  • 北条氏、三浦氏、足利氏、千葉氏など (ja)
  • 和田氏、横山党、土屋氏など (ja)
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • --05-02
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 和田氏一族の滅亡、執権北条氏の勝利 (ja)
  • 和田氏一族の滅亡、執権北条氏の勝利 (ja)
prop-ja:strength
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 和田合戦(わだがっせん)は、鎌倉時代初期の建暦3年(1213年)5月に鎌倉幕府内で起こった有力御家人和田義盛の反乱である。 建暦3年(1213年)2月、北条義時を排除しようと企む泉親衡の謀反が露見、その折に和田義盛の息子の義直、と甥の胤長が捕縛される。その後、息子2人は配慮され赦免になる。義盛は三浦を含む一族を挙げて甥の胤長も赦免を懇請したが、胤長は首謀者格と同等のため許されず流罪になる。さらにその後、元の胤長の屋敷が没収される。これらの件で両者の関係は悪化する。鎌倉幕府創業の功臣であり侍所別当の和田義盛は5月、姻戚関係にあった横山党や同族の三浦義村と結んで北条氏を打倒するための挙兵をした。だが、土壇場で義村は御所側へ付き、兵力不足のまま和田一族は将軍御所を襲撃、鎌倉で市街戦を展開した。合戦は2日間にわたり続くが、将軍実朝を擁し兵力で勝る義時が圧倒、和田一族は力尽き、義盛は敗死した。 この合戦の勝利により、北条氏の執権体制はより強固なものとなった。 (ja)
  • 和田合戦(わだがっせん)は、鎌倉時代初期の建暦3年(1213年)5月に鎌倉幕府内で起こった有力御家人和田義盛の反乱である。 建暦3年(1213年)2月、北条義時を排除しようと企む泉親衡の謀反が露見、その折に和田義盛の息子の義直、と甥の胤長が捕縛される。その後、息子2人は配慮され赦免になる。義盛は三浦を含む一族を挙げて甥の胤長も赦免を懇請したが、胤長は首謀者格と同等のため許されず流罪になる。さらにその後、元の胤長の屋敷が没収される。これらの件で両者の関係は悪化する。鎌倉幕府創業の功臣であり侍所別当の和田義盛は5月、姻戚関係にあった横山党や同族の三浦義村と結んで北条氏を打倒するための挙兵をした。だが、土壇場で義村は御所側へ付き、兵力不足のまま和田一族は将軍御所を襲撃、鎌倉で市街戦を展開した。合戦は2日間にわたり続くが、将軍実朝を擁し兵力で勝る義時が圧倒、和田一族は力尽き、義盛は敗死した。 この合戦の勝利により、北条氏の執権体制はより強固なものとなった。 (ja)
rdfs:label
  • 和田合戦 (ja)
  • 和田合戦 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 和田合戦 (ja)
  • 和田合戦 (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of