Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)は、個別の目的に応じたマークアップ言語作成のため、汎用的に使うことができる仕様、および仕様により策定される言語の名称である。一般的にXML(エックスエムエル)と略称で呼ばれる。JISによる訳語は「拡張可能なマーク付け言語」。XML の仕様は、World Wide Web Consortium (W3C) により策定・勧告されている。1998年2月に XML 1.0 が勧告された。2010年4月現在、XML 1.0 と XML 1.1 の2つのバージョンが勧告されている(#バージョン)。XMLは現在、広く普及している技術である。ちなみに、「eXtensible Markup Language の略である」と書かれることがあるが、これは間違いであり、XはExの発音を表している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 66597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 461 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58633271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:extendedFrom
prop-ja:extendedTo
prop-ja:extension
  • .xml
prop-ja:genre
prop-ja:mime
  • application/xml
  • text/xml
prop-ja:name
  • Extensible Markup Language
prop-ja:owner
prop-ja:released
  • 1998 (xsd:integer)
prop-ja:screenshot
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:standard
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:uniformType
  • public.xml
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Extensible Markup Language(エクステンシブル マークアップ ランゲージ)は、個別の目的に応じたマークアップ言語作成のため、汎用的に使うことができる仕様、および仕様により策定される言語の名称である。一般的にXML(エックスエムエル)と略称で呼ばれる。JISによる訳語は「拡張可能なマーク付け言語」。XML の仕様は、World Wide Web Consortium (W3C) により策定・勧告されている。1998年2月に XML 1.0 が勧告された。2010年4月現在、XML 1.0 と XML 1.1 の2つのバージョンが勧告されている(#バージョン)。XMLは現在、広く普及している技術である。ちなみに、「eXtensible Markup Language の略である」と書かれることがあるが、これは間違いであり、XはExの発音を表している。
rdfs:label
  • Extensible Markup Language
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:containedBy of
is prop-ja:extendedFrom of
is prop-ja:extendedTo of
is prop-ja:extendedfrom of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of