Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 文法における性(せい)つまり文法的性(ぶんぽうてきせい、grammatical gender)とは、関連する語のふるまいに文法的に反映する名詞の分類体系のことで、名詞の文法範疇の一つである。バントゥー語群やコーカサス諸語の記述では名詞類または名詞クラス (noun class) とも呼ばれるが、実質的な差はほとんどない。この名詞の分類が実際の性と一致する場合もあるが、そうでないことも多い。類別詞とは区別すべきとされる。名詞の性によって、その名詞と文法的に関連する語のかたちが変わる現象を「性の一致」という。例えばロシア語では主語の名詞の種類によって、動詞の過去形が男性 (masculine; M)・女性 (feminine; F)・中性 (neuter; N) の3通りにかたちを変える。これは、動詞の過去形が主語の名詞と性の一致をしているのである。動詞のほかに、形容詞、限定詞、数詞、焦点標識などが性の一致をする言語がある。なおこのページでは文法的性とは別に、人間の性別に関する表現についても述べられている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 85178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9379 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 90 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59171589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 文法における性(せい)つまり文法的性(ぶんぽうてきせい、grammatical gender)とは、関連する語のふるまいに文法的に反映する名詞の分類体系のことで、名詞の文法範疇の一つである。バントゥー語群やコーカサス諸語の記述では名詞類または名詞クラス (noun class) とも呼ばれるが、実質的な差はほとんどない。この名詞の分類が実際の性と一致する場合もあるが、そうでないことも多い。類別詞とは区別すべきとされる。名詞の性によって、その名詞と文法的に関連する語のかたちが変わる現象を「性の一致」という。例えばロシア語では主語の名詞の種類によって、動詞の過去形が男性 (masculine; M)・女性 (feminine; F)・中性 (neuter; N) の3通りにかたちを変える。これは、動詞の過去形が主語の名詞と性の一致をしているのである。動詞のほかに、形容詞、限定詞、数詞、焦点標識などが性の一致をする言語がある。なおこのページでは文法的性とは別に、人間の性別に関する表現についても述べられている。
rdfs:label
  • 性 (文法)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of