TIMS(Train Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行やブレーキ、出区点検、車内空調管理、行先表示機、車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。 JR東日本以外でも、同社の車両をベースに設計・製造された国内外の鉄道事業者の車両が同一のシステムを搭載しており、名称も同じ「TIMS」である。 名古屋鉄道や西日本旅客鉄道(JR西日本)でもTIMSとほぼ同様のシステムを搭載した車両を導入しているが、名称はTICS(Train Information Control Systemの略、ティクスと読む)、小田急電鉄はTIOS (Train Information Odakyu management Systemの略、ティオスと読む)、京王電鉄はK-TIMS(Keio-Train Information Management Systemの略、ケイ・ティムスと読む)、西武鉄道はS-TIM(Seibu-Train Integrated Management systemの略、エス・ティムと読む)と異なるものの、システムとしては細部を除きほぼ同じものである。

Property Value
dbo:abstract
  • TIMS(Train Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行やブレーキ、出区点検、車内空調管理、行先表示機、車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。 JR東日本以外でも、同社の車両をベースに設計・製造された国内外の鉄道事業者の車両が同一のシステムを搭載しており、名称も同じ「TIMS」である。 名古屋鉄道や西日本旅客鉄道(JR西日本)でもTIMSとほぼ同様のシステムを搭載した車両を導入しているが、名称はTICS(Train Information Control Systemの略、ティクスと読む)、小田急電鉄はTIOS (Train Information Odakyu management Systemの略、ティオスと読む)、京王電鉄はK-TIMS(Keio-Train Information Management Systemの略、ケイ・ティムスと読む)、西武鉄道はS-TIM(Seibu-Train Integrated Management systemの略、エス・ティムと読む)と異なるものの、システムとしては細部を除きほぼ同じものである。 TIMSの次世代システムとしては、列車内伝送系の国際規格ECN(IEC61375-3-4)に準拠して、伝送路に100メガビット・イーサネットを使用したINTEROSがある。 同様の制御伝送システムは国内では日立製作所、東芝、東洋電機製造などが開発している。 (ja)
  • TIMS(Train Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行やブレーキ、出区点検、車内空調管理、行先表示機、車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。 JR東日本以外でも、同社の車両をベースに設計・製造された国内外の鉄道事業者の車両が同一のシステムを搭載しており、名称も同じ「TIMS」である。 名古屋鉄道や西日本旅客鉄道(JR西日本)でもTIMSとほぼ同様のシステムを搭載した車両を導入しているが、名称はTICS(Train Information Control Systemの略、ティクスと読む)、小田急電鉄はTIOS (Train Information Odakyu management Systemの略、ティオスと読む)、京王電鉄はK-TIMS(Keio-Train Information Management Systemの略、ケイ・ティムスと読む)、西武鉄道はS-TIM(Seibu-Train Integrated Management systemの略、エス・ティムと読む)と異なるものの、システムとしては細部を除きほぼ同じものである。 TIMSの次世代システムとしては、列車内伝送系の国際規格ECN(IEC61375-3-4)に準拠して、伝送路に100メガビット・イーサネットを使用したINTEROSがある。 同様の制御伝送システムは国内では日立製作所、東芝、東洋電機製造などが開発している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 71165 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7440 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81394853 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • TIMS(Train Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行やブレーキ、出区点検、車内空調管理、行先表示機、車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。 JR東日本以外でも、同社の車両をベースに設計・製造された国内外の鉄道事業者の車両が同一のシステムを搭載しており、名称も同じ「TIMS」である。 名古屋鉄道や西日本旅客鉄道(JR西日本)でもTIMSとほぼ同様のシステムを搭載した車両を導入しているが、名称はTICS(Train Information Control Systemの略、ティクスと読む)、小田急電鉄はTIOS (Train Information Odakyu management Systemの略、ティオスと読む)、京王電鉄はK-TIMS(Keio-Train Information Management Systemの略、ケイ・ティムスと読む)、西武鉄道はS-TIM(Seibu-Train Integrated Management systemの略、エス・ティムと読む)と異なるものの、システムとしては細部を除きほぼ同じものである。 (ja)
  • TIMS(Train Information Management Systemの略、ティムスと読む)とは、列車情報管理システムのことで、東日本旅客鉄道(JR東日本)と三菱電機が共同で開発している制御伝送装置の一つ。車両の力行やブレーキ、出区点検、車内空調管理、行先表示機、車内案内表示装置などの各種車載機器を一括して管理するコンピュータシステムである。 JR東日本以外でも、同社の車両をベースに設計・製造された国内外の鉄道事業者の車両が同一のシステムを搭載しており、名称も同じ「TIMS」である。 名古屋鉄道や西日本旅客鉄道(JR西日本)でもTIMSとほぼ同様のシステムを搭載した車両を導入しているが、名称はTICS(Train Information Control Systemの略、ティクスと読む)、小田急電鉄はTIOS (Train Information Odakyu management Systemの略、ティオスと読む)、京王電鉄はK-TIMS(Keio-Train Information Management Systemの略、ケイ・ティムスと読む)、西武鉄道はS-TIM(Seibu-Train Integrated Management systemの略、エス・ティムと読む)と異なるものの、システムとしては細部を除きほぼ同じものである。 (ja)
rdfs:label
  • TIMS (ja)
  • TIMS (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of