AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)とは、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が正式採用した自動小銃である。 実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。 この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地などあらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている。 本記事では、直接の改良型である、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。

Property Value
dbo:abstract
  • AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)とは、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が正式採用した自動小銃である。 実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。 この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地などあらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている。 本記事では、直接の改良型である、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。 (ja)
  • AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)とは、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が正式採用した自動小銃である。 実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。 この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地などあらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている。 本記事では、直接の改良型である、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 94140 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 39964 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81621727 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2020-03-19 (xsd:date)
prop-ja:title
  • WP:TVWATCH (ja)
  • WP:TVWATCH (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • "[[#バリエーション (ja)
  • "[[#バリエーション (ja)
prop-ja:ライフリング
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 870.0
  • 898.0
prop-ja:口径
  • 7.62
prop-ja:名称
  • AK-47 (ja)
  • AKM (ja)
  • AK-47 (ja)
  • AKM (ja)
prop-ja:年代
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:戦争
prop-ja:有効射程
  • 300 (xsd:integer)
  • 600m (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
  • 軍用小銃 (ja)
  • 軍用小銃 (ja)
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造国
  • (開発国) (ja)
  • (開発国) (ja)
prop-ja:製造数
  • 8000 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • 製造 イジェフスク造兵廠、トゥーラ造兵廠など (ja)
  • 設計 ミハイル・カラシニコフ (ja)
  • 製造 イジェフスク造兵廠、トゥーラ造兵廠など (ja)
  • 設計 ミハイル・カラシニコフ (ja)
prop-ja:設計年
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • AKM(弾倉は従来のAK-47と同じ金属製を装着している) (ja)
  • AK-47 (ja)
  • AKM(弾倉は従来のAK-47と同じ金属製を装着している) (ja)
  • AK-47 (ja)
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 3290 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 730.0
prop-ja:銃身長
  • 416.0
  • 436.0
dct:subject
rdfs:comment
  • AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)とは、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が正式採用した自動小銃である。 実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。 この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地などあらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている。 本記事では、直接の改良型である、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。 (ja)
  • AK-47(ロシア語: Автомат Калашникова образца 1947 года(アフトマットカラシニコバソーラクスェーミ)、ラテン文字転写: Avtomat Kalashnikova-47)とは、ミハイル・カラシニコフが設計し、1949年にソビエト連邦軍が正式採用した自動小銃である。 実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。 この特性から、本銃はソビエト連邦のみならず、全世界に普及した。基本設計から半世紀以上を経た今日においても、本銃とその派生型は、砂漠やジャングル、極地などあらゆる世界の地帯における軍隊や武装勢力の兵士にとって最も信頼される基本装備になり、『世界で最も多く使われた軍用銃』としてギネス世界記録に登録されている。 本記事では、直接の改良型である、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。 (ja)
rdfs:label
  • AK-47 (ja)
  • AK-47 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:weapons of
is prop-ja:兵器 of
is prop-ja:武器 of
is prop-ja:著名な実績 of
is foaf:primaryTopic of