『美しさと哀しみと』(うつくしさとかなしみと)は、川端康成の長編小説。ある中年小説家と、彼がかつて愛した少女で現在日本画家となった女、その内弟子で同性愛者の若い娘の織りなす美しさと哀しみに満ちた人生の抒情と官能のロマネスク物語。愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇を基調にした中間小説的な粉飾のストーリー展開で、川端の野心的な代表作とは見なされてはいないが、川端という作家の主題や技法、心の翳が特徴的に示されている作品だといわれている。 1965年(昭和40年)2月28日に篠田正浩監督で映画化され、1985年(昭和60年)にはフランスの監督により映画化された。

Property Value
dbo:abstract
  • 『美しさと哀しみと』(うつくしさとかなしみと)は、川端康成の長編小説。ある中年小説家と、彼がかつて愛した少女で現在日本画家となった女、その内弟子で同性愛者の若い娘の織りなす美しさと哀しみに満ちた人生の抒情と官能のロマネスク物語。愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇を基調にした中間小説的な粉飾のストーリー展開で、川端の野心的な代表作とは見なされてはいないが、川端という作家の主題や技法、心の翳が特徴的に示されている作品だといわれている。 1965年(昭和40年)2月28日に篠田正浩監督で映画化され、1985年(昭和60年)にはフランスの監督により映画化された。 (ja)
  • 『美しさと哀しみと』(うつくしさとかなしみと)は、川端康成の長編小説。ある中年小説家と、彼がかつて愛した少女で現在日本画家となった女、その内弟子で同性愛者の若い娘の織りなす美しさと哀しみに満ちた人生の抒情と官能のロマネスク物語。愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇を基調にした中間小説的な粉飾のストーリー展開で、川端の野心的な代表作とは見なされてはいないが、川端という作家の主題や技法、心の翳が特徴的に示されている作品だといわれている。 1965年(昭和40年)2月28日に篠田正浩監督で映画化され、1985年(昭和60年)にはフランスの監督により映画化された。 (ja)
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2351551 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22951 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 22955 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81323207 (xsd:integer)
  • 84790214 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:2前番組
  • (なし) (ja)
  • (なし) (ja)
prop-ja:2放送局
  • NET系 (ja)
  • NET系 (ja)
prop-ja:2放送枠
prop-ja:2次番組
  • 雑居家族 (ja)
  • 雑居家族 (ja)
prop-ja:2番組名
  • (1968年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • (1968年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
prop-ja:3前番組
prop-ja:3放送局
prop-ja:3放送枠
prop-ja:3次番組
prop-ja:3番組名
  • (1973年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • (1973年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
prop-ja:_
  • 1964 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1968 (xsd:integer)
  • 1973 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
  • LGBT関連ドラマ (ja)
  • NHK総合テレビジョンのテレビドラマ (ja)
  • テレビ朝日のテレビドラマ (ja)
  • フランスのLGBT関連映画 (ja)
  • ライオン一社提供番組 (ja)
  • 京都市を舞台とした映画作品 (ja)
  • 川端康成原作のテレビドラマ (ja)
  • 川端康成原作の映画作品 (ja)
  • 復讐を題材としたテレビドラマ (ja)
  • 復讐を題材とした映画 (ja)
  • 戦後日本を舞台とした映画作品 (ja)
  • 日本のLGBT関連映画 (ja)
  • 松竹製作の映画作品 (ja)
  • 滋賀県を舞台とした映画作品 (ja)
  • 白雪劇場 (ja)
  • 神奈川県を舞台とした映画作品 (ja)
  • 篠田正浩の監督映画 (ja)
prop-ja:header
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます (ja)
  • この記事は以下のカテゴリからも参照できます (ja)
prop-ja:portal
  • 文学 (ja)
  • 文学 (ja)
prop-ja:redirect
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:上映時間
  • 100 (xsd:integer)
  • 106 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
prop-ja:作者
prop-ja:公開
  • 1987 (xsd:integer)
  • --02-28
  • --08-28
prop-ja:出演者
prop-ja:刊行
  • --02-20
  • 装幀・挿画:加山又造 (ja)
prop-ja:初出
  • --01-01
  • 「石組み――枯山水」-1962年2月号-3月号、5月号 (ja)
  • 「湖水」(のち「夏痩せ」)-1963年3月号-5月号 (ja)
  • 『婦人公論』1961年1月号(第46巻第1号)から1963年10月号(第48巻第11号)(全33回) (ja)
  • 「千筋の髪」-1962年10月号-1963年2月号 (ja)
  • 「早春」-1961年4月号-7月号 (ja)
  • 「湖水」-1963年6月号-10月号 (ja)
  • 「満月祭」-1961年8月号-10月号 (ja)
  • 「火中の蓮華」-1962年6月号-9月号 (ja)
  • 「除夜の鐘」-1961年1月号-3月号 (ja)
  • 挿画:加山又造 (ja)
prop-ja:前番組
prop-ja:原題
  • Beauty and Sadness (ja)
  • Tristesse et beauté (ja)
  • Beauty and Sadness (ja)
  • Tristesse et beauté (ja)
prop-ja:収録
  • --03-16
prop-ja:撮影
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 平日13:30 - 13:55枠 (ja)
  • 平日13:30 - 13:55枠 (ja)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • (1968年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • (1968年版) (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
prop-ja:発表形態
  • 雑誌掲載 (ja)
  • 雑誌連載 (ja)
  • 雑誌掲載 (ja)
  • 雑誌連載 (ja)
prop-ja:監督
prop-ja:美術
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:訳題
  • Beauty and Sadness (ja)
  • Beauty and Sadness (ja)
prop-ja:配給
prop-ja:音楽
prop-ja:題名
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『美しさと哀しみと』(うつくしさとかなしみと)は、川端康成の長編小説。ある中年小説家と、彼がかつて愛した少女で現在日本画家となった女、その内弟子で同性愛者の若い娘の織りなす美しさと哀しみに満ちた人生の抒情と官能のロマネスク物語。愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇を基調にした中間小説的な粉飾のストーリー展開で、川端の野心的な代表作とは見なされてはいないが、川端という作家の主題や技法、心の翳が特徴的に示されている作品だといわれている。 1965年(昭和40年)2月28日に篠田正浩監督で映画化され、1985年(昭和60年)にはフランスの監督により映画化された。 (ja)
  • 『美しさと哀しみと』(うつくしさとかなしみと)は、川端康成の長編小説。ある中年小説家と、彼がかつて愛した少女で現在日本画家となった女、その内弟子で同性愛者の若い娘の織りなす美しさと哀しみに満ちた人生の抒情と官能のロマネスク物語。愛する師のために、レズビアンの女弟子が男の家庭の破壊を企てる復讐劇を基調にした中間小説的な粉飾のストーリー展開で、川端の野心的な代表作とは見なされてはいないが、川端という作家の主題や技法、心の翳が特徴的に示されている作品だといわれている。 1965年(昭和40年)2月28日に篠田正浩監督で映画化され、1985年(昭和60年)にはフランスの監督により映画化された。 (ja)
rdfs:label
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 美しさと哀しみと (ja)
  • 美しさと哀しみと (ja)
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:3前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of