楯の会(楯の會、たてのかい)とは、間接侵略に備えるための民間防衛組織(民兵)として、三島由紀夫が結成した軍隊的な集団。前身組織名は「祖国防衛隊」(Japan National Guard)で、日本の文化と伝統を「剣」で死守する有志市民の戦士共同体として組織された。 前身の「祖国防衛隊」は、基幹産業の企業構成員1万人規模の民間防衛組織を目指し、その幹部となる民間将校団「中核体」100名を養成していたが、防衛隊構想の軌道修正と共に、この「中核体」の隊員が「楯の会」の構成員として移行した。会員資格は、1か月以上の自衛隊体験入隊で軍事訓練を脱落せず終了した者で、おもに民族派の学生を中心として構成され、10人以下1単位の「班」員として活動した。 「楯の会」の名称は、万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜の御楯と 出で立つ吾は」(詠み人:今奉部與曾布〈いままつりべのよそふ〉)と、江戸末期の歌人・橘曙覧の「大皇の 醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」の2首に由来する。

Property Value
dbo:abstract
  • 楯の会(楯の會、たてのかい)とは、間接侵略に備えるための民間防衛組織(民兵)として、三島由紀夫が結成した軍隊的な集団。前身組織名は「祖国防衛隊」(Japan National Guard)で、日本の文化と伝統を「剣」で死守する有志市民の戦士共同体として組織された。 前身の「祖国防衛隊」は、基幹産業の企業構成員1万人規模の民間防衛組織を目指し、その幹部となる民間将校団「中核体」100名を養成していたが、防衛隊構想の軌道修正と共に、この「中核体」の隊員が「楯の会」の構成員として移行した。会員資格は、1か月以上の自衛隊体験入隊で軍事訓練を脱落せず終了した者で、おもに民族派の学生を中心として構成され、10人以下1単位の「班」員として活動した。 「楯の会」の名称は、万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜の御楯と 出で立つ吾は」(詠み人:今奉部與曾布〈いままつりべのよそふ〉)と、江戸末期の歌人・橘曙覧の「大皇の 醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」の2首に由来する。 (ja)
  • 楯の会(楯の會、たてのかい)とは、間接侵略に備えるための民間防衛組織(民兵)として、三島由紀夫が結成した軍隊的な集団。前身組織名は「祖国防衛隊」(Japan National Guard)で、日本の文化と伝統を「剣」で死守する有志市民の戦士共同体として組織された。 前身の「祖国防衛隊」は、基幹産業の企業構成員1万人規模の民間防衛組織を目指し、その幹部となる民間将校団「中核体」100名を養成していたが、防衛隊構想の軌道修正と共に、この「中核体」の隊員が「楯の会」の構成員として移行した。会員資格は、1か月以上の自衛隊体験入隊で軍事訓練を脱落せず終了した者で、おもに民族派の学生を中心として構成され、10人以下1単位の「班」員として活動した。 「楯の会」の名称は、万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜の御楯と 出で立つ吾は」(詠み人:今奉部與曾布〈いままつりべのよそふ〉)と、江戸末期の歌人・橘曙覧の「大皇の 醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」の2首に由来する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 694420 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 58594 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81267706 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 「三島由紀夫と楯の会」~元楯の会有志が語る会 (ja)
  • 「三島由紀夫と楯の会」~元楯の会有志が語る会 (ja)
prop-ja:width
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上位組織
  • 学生長・持丸博(初代)、森田必勝(2代目) (ja)
  • 学生長・持丸博(初代)、森田必勝(2代目) (ja)
prop-ja:下位組織
  • 班員 (ja)
  • 班員 (ja)
prop-ja:人数
  • 約100名 (ja)
  • 約100名 (ja)
prop-ja:代表氏名
prop-ja:代表職名
  • 隊長 (ja)
  • 隊長 (ja)
prop-ja:前身
  • 祖国防衛隊 (ja)
  • 祖国防衛隊 (ja)
prop-ja:名称
  • 楯の会 (ja)
  • 楯の会 (ja)
prop-ja:廃止年月日
  • --02-28
prop-ja:後身
  • 三島森田事務所(MM事務所)、蛟龍会、一水会 (ja)
  • 三島森田事務所(MM事務所)、蛟龍会、一水会 (ja)
prop-ja:所在地
  • --10-05
  • --10-12
prop-ja:本部名称
  • 事務局 (ja)
  • 事務局 (ja)
prop-ja:活動内容
  • 左翼革命勢力の間接侵略に対する防備 (ja)
  • 左翼革命勢力の間接侵略に対する防備 (ja)
prop-ja:活動領域
prop-ja:画像
  • Image-request.png (ja)
  • Image-request.png (ja)
prop-ja:目的
  • 日本の伝統と文化の死守 (ja)
  • 日本の伝統と文化の死守 (ja)
prop-ja:組織形態
  • 民間防衛組織(民兵) (ja)
  • 民間防衛組織(民兵) (ja)
prop-ja:脚注
  • 画像募集中 (ja)
  • 画像募集中 (ja)
prop-ja:設立年月日
  • --10-05
prop-ja:設立者
  • 三島由紀夫 (ja)
  • 三島由紀夫 (ja)
prop-ja:関連団体
prop-ja:関連組織
  • 論争ジャーナル、日本学生同盟、全国学生自治体連絡協議会 (ja)
  • 論争ジャーナル、日本学生同盟、全国学生自治体連絡協議会 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 楯の会(楯の會、たてのかい)とは、間接侵略に備えるための民間防衛組織(民兵)として、三島由紀夫が結成した軍隊的な集団。前身組織名は「祖国防衛隊」(Japan National Guard)で、日本の文化と伝統を「剣」で死守する有志市民の戦士共同体として組織された。 前身の「祖国防衛隊」は、基幹産業の企業構成員1万人規模の民間防衛組織を目指し、その幹部となる民間将校団「中核体」100名を養成していたが、防衛隊構想の軌道修正と共に、この「中核体」の隊員が「楯の会」の構成員として移行した。会員資格は、1か月以上の自衛隊体験入隊で軍事訓練を脱落せず終了した者で、おもに民族派の学生を中心として構成され、10人以下1単位の「班」員として活動した。 「楯の会」の名称は、万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜の御楯と 出で立つ吾は」(詠み人:今奉部與曾布〈いままつりべのよそふ〉)と、江戸末期の歌人・橘曙覧の「大皇の 醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」の2首に由来する。 (ja)
  • 楯の会(楯の會、たてのかい)とは、間接侵略に備えるための民間防衛組織(民兵)として、三島由紀夫が結成した軍隊的な集団。前身組織名は「祖国防衛隊」(Japan National Guard)で、日本の文化と伝統を「剣」で死守する有志市民の戦士共同体として組織された。 前身の「祖国防衛隊」は、基幹産業の企業構成員1万人規模の民間防衛組織を目指し、その幹部となる民間将校団「中核体」100名を養成していたが、防衛隊構想の軌道修正と共に、この「中核体」の隊員が「楯の会」の構成員として移行した。会員資格は、1か月以上の自衛隊体験入隊で軍事訓練を脱落せず終了した者で、おもに民族派の学生を中心として構成され、10人以下1単位の「班」員として活動した。 「楯の会」の名称は、万葉集防人歌の「今日よりは 顧みなくて 大君の 醜の御楯と 出で立つ吾は」(詠み人:今奉部與曾布〈いままつりべのよそふ〉)と、江戸末期の歌人・橘曙覧の「大皇の 醜の御楯と いふ物は 如此る物ぞと 進め真前に」の2首に由来する。 (ja)
rdfs:label
  • 楯の会 (ja)
  • 楯の会 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:starring of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:団体 of
is foaf:primaryTopic of