准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス革命方式の呼称を使用する国では旅団将軍と表現する。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。准将は伝統的に置かない国軍もある。そのような国では上級大将・上級中将を将官に置く場合がある。また、少将から大将までの三階級制を採っている国が他国軍と共同作戦を行う場合、補職などによる階級調整が行われる。 * 陸軍では主に副師団長および旅団長等を務める。 * 海軍では主に戦隊司令官や隊群司令等を務める。 * 空軍では主に航空団司令等を務める。

Property Value
dbo:abstract
  • 准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス革命方式の呼称を使用する国では旅団将軍と表現する。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。准将は伝統的に置かない国軍もある。そのような国では上級大将・上級中将を将官に置く場合がある。また、少将から大将までの三階級制を採っている国が他国軍と共同作戦を行う場合、補職などによる階級調整が行われる。 * 陸軍では主に副師団長および旅団長等を務める。 * 海軍では主に戦隊司令官や隊群司令等を務める。 * 空軍では主に航空団司令等を務める。 (ja)
  • 准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス革命方式の呼称を使用する国では旅団将軍と表現する。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。准将は伝統的に置かない国軍もある。そのような国では上級大将・上級中将を将官に置く場合がある。また、少将から大将までの三階級制を採っている国が他国軍と共同作戦を行う場合、補職などによる階級調整が行われる。 * 陸軍では主に副師団長および旅団長等を務める。 * 海軍では主に戦隊司令官や隊群司令等を務める。 * 空軍では主に航空団司令等を務める。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 251763 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7330 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81481187 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス革命方式の呼称を使用する国では旅団将軍と表現する。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。准将は伝統的に置かない国軍もある。そのような国では上級大将・上級中将を将官に置く場合がある。また、少将から大将までの三階級制を採っている国が他国軍と共同作戦を行う場合、補職などによる階級調整が行われる。 * 陸軍では主に副師団長および旅団長等を務める。 * 海軍では主に戦隊司令官や隊群司令等を務める。 * 空軍では主に航空団司令等を務める。 (ja)
  • 准将(じゅんしょう)は軍隊の階級の一。北大西洋条約機構の階級符号では、OF-6に相当する。最下級の将官あるいは最上級の佐官に区分され、少将の下、大佐の上に位置する。国によっては存在しないこともある。英語では陸軍や空軍の場合、通常ブリガディア(brigadier)ないしブリガディア・ジェネラル(brigadier general)と呼称するが、フランス革命方式の呼称を使用する国では旅団将軍と表現する。なお海軍の場合、同格とされるコモドール(commodore)は、その職制から通常日本語では代将と呼称される事が多く、少将や下級少将を准将相当官とするなど国によってその表現はまちまちである。陸海空軍でそれぞれ呼称が異なる准将を総称しOne-star rankと呼ぶこともある。准将は伝統的に置かない国軍もある。そのような国では上級大将・上級中将を将官に置く場合がある。また、少将から大将までの三階級制を採っている国が他国軍と共同作戦を行う場合、補職などによる階級調整が行われる。 * 陸軍では主に副師団長および旅団長等を務める。 * 海軍では主に戦隊司令官や隊群司令等を務める。 * 空軍では主に航空団司令等を務める。 (ja)
rdfs:label
  • 准将 (ja)
  • 准将 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:opponents of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:currentCommander of
is prop-ja:rank of
is prop-ja:最終階級 of
is prop-ja:軍歴 of
is prop-ja:階級 of
is prop-ja:順位 of
is foaf:primaryTopic of