丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。

Property Value
dbo:abstract
  • 丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。 (ja)
  • 丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 2012-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1960-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:award
dbo:birthDate
  • 1925-08-27 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:child
dbo:deathDate
  • 2012-10-13 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:language
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 276158 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 22819 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81333683 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 同大学院人文科学研究科修士課程修了 (ja)
  • 東京大学文学部英文学科卒業 (ja)
  • 同大学院人文科学研究科修士課程修了 (ja)
  • 東京大学文学部英文学科卒業 (ja)
prop-ja:awards
  • 大佛次郎賞(1999年) (ja)
  • 川端康成文学賞(1988年) (ja)
  • 文化勲章(2011年) (ja)
  • 朝日賞(2004年) (ja)
  • 泉鏡花文学賞(2003年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1968年) (ja)
  • 芸術選奨(1990年) (ja)
  • 菊池寛賞(2001年) (ja)
  • 読売文学賞(1974年・2010年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1972年) (ja)
  • 野間文芸賞(1985年) (ja)
  • 大佛次郎賞(1999年) (ja)
  • 川端康成文学賞(1988年) (ja)
  • 文化勲章(2011年) (ja)
  • 朝日賞(2004年) (ja)
  • 泉鏡花文学賞(2003年) (ja)
  • 芥川龍之介賞(1968年) (ja)
  • 芸術選奨(1990年) (ja)
  • 菊池寛賞(2001年) (ja)
  • 読売文学賞(1974年・2010年) (ja)
  • 谷崎潤一郎賞(1972年) (ja)
  • 野間文芸賞(1985年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • 1925-08-27 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・山形県鶴岡市 (ja)
  • ・山形県鶴岡市 (ja)
prop-ja:caption
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:children
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 2012-10-13 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・東京都渋谷区 (ja)
  • ・東京都渋谷区 (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 丸谷 才一 (ja)
  • (まるや さいいち) (ja)
  • 丸谷 才一 (ja)
  • (まるや さいいち) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『たった一人の反乱』(1972年) (ja)
  • 『女ざかり』(1993年) (ja)
  • 『年の残り』(1968年) (ja)
  • 『笹まくら』(1966年) (ja)
  • 『裏声で歌へ君が代』(1982年) (ja)
  • 『たった一人の反乱』(1972年) (ja)
  • 『女ざかり』(1993年) (ja)
  • 『年の残り』(1968年) (ja)
  • 『笹まくら』(1966年) (ja)
  • 『裏声で歌へ君が代』(1982年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:partner
  • 根村絢子 (ja)
  • 根村絢子 (ja)
prop-ja:period
  • 1960 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:restingPlace
  • 鎌倉霊園 (ja)
  • 鎌倉霊園 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人2012年没 (ja)
  • 人2012年没 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。 (ja)
  • 丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たった一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までを除いて、独自の歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」の一人と自負していた。 (ja)
rdfs:label
  • 丸谷才一 (ja)
  • 丸谷才一 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 丸谷 才一 (ja)
  • (まるや さいいち) (ja)
  • 丸谷 才一 (ja)
  • (まるや さいいち) (ja)
is dbo:author of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:訳者 of
is foaf:primaryTopic of