アルベド(albedo)とは、天体の外部からの光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。

Property Value
dbo:abstract
  • アルベド(albedo)とは、天体の外部からの光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。 (ja)
  • アルベド(albedo)とは、天体の外部からの光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 22120 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8610 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 8760 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 75600492 (xsd:integer)
  • 86082199 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • アルベド(albedo)とは、天体の外部からの光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。 (ja)
  • アルベド(albedo)とは、天体の外部からの光に対する、反射光の比である。反射能(はんしゃのう)とも言う。アルベードとも表記する。 0以上、1前後以下(1を超えることもある)の無次元量であり、0 – 1の数値そのままか、0 % – 100 %の百分率で表す。 (ja)
rdfs:label
  • アルベド (ja)
  • アルベド (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of