「知の再発見」双書(ちのさいはっけん そうしょ)は、創元社が発行している叢書である。 文化史をテーマにし、図版が多く掲載されているのが、特徴である。判型は、B6変形判で並製、約200ページで、カラーページは内約120ページ。装丁は、戸田ツトムとである。1990年11月に創刊、2017年1月現在、166冊を刊行。 元版はフランス・ガリマール社が刊行している「ガリマール発見叢書」(Découvertes Gallimard)であり、それを創元社が翻訳出版権を買い取る形で1990年から発刊した。正確さを期すため、訳者以外に日本人専門家による監修が入る。

Property Value
dbo:abstract
  • 「知の再発見」双書(ちのさいはっけん そうしょ)は、創元社が発行している叢書である。 文化史をテーマにし、図版が多く掲載されているのが、特徴である。判型は、B6変形判で並製、約200ページで、カラーページは内約120ページ。装丁は、戸田ツトムとである。1990年11月に創刊、2017年1月現在、166冊を刊行。 元版はフランス・ガリマール社が刊行している「ガリマール発見叢書」(Découvertes Gallimard)であり、それを創元社が翻訳出版権を買い取る形で1990年から発刊した。正確さを期すため、訳者以外に日本人専門家による監修が入る。 (ja)
  • 「知の再発見」双書(ちのさいはっけん そうしょ)は、創元社が発行している叢書である。 文化史をテーマにし、図版が多く掲載されているのが、特徴である。判型は、B6変形判で並製、約200ページで、カラーページは内約120ページ。装丁は、戸田ツトムとである。1990年11月に創刊、2017年1月現在、166冊を刊行。 元版はフランス・ガリマール社が刊行している「ガリマール発見叢書」(Découvertes Gallimard)であり、それを創元社が翻訳出版権を買い取る形で1990年から発刊した。正確さを期すため、訳者以外に日本人専門家による監修が入る。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1621577 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29008 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81077072 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
  • 様々な著者 (ja)
  • 様々な著者 (ja)
prop-ja:genre
prop-ja:imageCaption
  • 『ガリマール発見叢書』新版 (ja)
  • 『ガリマール発見叢書』新版 (ja)
prop-ja:language
  • フランス語 (ja)
  • 日本語 (ja)
  • フランス語 (ja)
  • 日本語 (ja)
prop-ja:name
  • (ja)
  • 知の再発見 (ja)
  • (ja)
  • 知の再発見 (ja)
prop-ja:pubDate
  • 1986 (xsd:integer)
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:publisher
  • ガリマール出版社 (ja)
  • 創元社 (ja)
  • ガリマール出版社 (ja)
  • 創元社 (ja)
prop-ja:titleOrig
  • (ja)
  • (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 「知の再発見」双書(ちのさいはっけん そうしょ)は、創元社が発行している叢書である。 文化史をテーマにし、図版が多く掲載されているのが、特徴である。判型は、B6変形判で並製、約200ページで、カラーページは内約120ページ。装丁は、戸田ツトムとである。1990年11月に創刊、2017年1月現在、166冊を刊行。 元版はフランス・ガリマール社が刊行している「ガリマール発見叢書」(Découvertes Gallimard)であり、それを創元社が翻訳出版権を買い取る形で1990年から発刊した。正確さを期すため、訳者以外に日本人専門家による監修が入る。 (ja)
  • 「知の再発見」双書(ちのさいはっけん そうしょ)は、創元社が発行している叢書である。 文化史をテーマにし、図版が多く掲載されているのが、特徴である。判型は、B6変形判で並製、約200ページで、カラーページは内約120ページ。装丁は、戸田ツトムとである。1990年11月に創刊、2017年1月現在、166冊を刊行。 元版はフランス・ガリマール社が刊行している「ガリマール発見叢書」(Découvertes Gallimard)であり、それを創元社が翻訳出版権を買い取る形で1990年から発刊した。正確さを期すため、訳者以外に日本人専門家による監修が入る。 (ja)
rdfs:label
  • 「知の再発見」双書 (ja)
  • 「知の再発見」双書 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of