Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • AK-47(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikova-47、「1947年式カラシニコフ自動小銃」の意)は、1949年にソビエト連邦軍が制式採用したアサルトライフルである。第二次世界大戦後、ミハイル・カラシニコフが設計した。自動小銃の中では極めて信頼性と耐久性が高く、水に浸かったり、兵士が足で踏んで歪んだ銃弾をセットした場合でも問題なく使用できる程と言われている。部品の公差が大きく取られており、多少加工精度が悪くても実戦で使用できる品質のものが製造できてしまうため、発展途上国においてはコピー品が多数出回っている。アムネスティ・インターナショナルなどの団体によるコントロール・アームズ・キャンペーンは、生産設備が拡散している為に世界中で不正な武器ブローカーや武装民兵、犯罪者がAK-47を容易に入手しており、紛争や貧困を助長していると指摘している。当初の制式名称は「7.62mm アブトマット・カラシニコバ」であり、「AK-47」の呼称は、後にいくつもの改良型が登場したため、それらと区別するためであった。なお、本記事では、直接の改良型であるAKM、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 94140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 34701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59017664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • "[[#バリエーション
prop-ja:ライフリング
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 870.0
  • 898.0
prop-ja:口径
  • 7.62
prop-ja:名称
  • AK-47
  • AKM
prop-ja:年代
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:戦争
prop-ja:有効射程
  • 600m
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:種別
prop-ja:種類
  • 軍用小銃
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造国
  • (開発国)
prop-ja:製造数
  • 8000 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • 製造 イジェフスク造兵廠、トゥーラ造兵廠など
  • 設計 ミハイル・カラシニコフ
prop-ja:設計年
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 6 (xsd:integer)
  • AKM(弾倉は従来のAK-47と同じ金属製を装着している)
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1949 (xsd:integer)
  • 1959 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 3290 (xsd:integer)
  • 3900 (xsd:integer)
  • 4400 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 730.0
prop-ja:銃身長
  • 415.0
  • 436.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • AK-47(露: Автомат Калашникова образца 1947 года、ラテン文字転写:Avtomat Kalashnikova-47、「1947年式カラシニコフ自動小銃」の意)は、1949年にソビエト連邦軍が制式採用したアサルトライフルである。第二次世界大戦後、ミハイル・カラシニコフが設計した。自動小銃の中では極めて信頼性と耐久性が高く、水に浸かったり、兵士が足で踏んで歪んだ銃弾をセットした場合でも問題なく使用できる程と言われている。部品の公差が大きく取られており、多少加工精度が悪くても実戦で使用できる品質のものが製造できてしまうため、発展途上国においてはコピー品が多数出回っている。アムネスティ・インターナショナルなどの団体によるコントロール・アームズ・キャンペーンは、生産設備が拡散している為に世界中で不正な武器ブローカーや武装民兵、犯罪者がAK-47を容易に入手しており、紛争や貧困を助長していると指摘している。当初の制式名称は「7.62mm アブトマット・カラシニコバ」であり、「AK-47」の呼称は、後にいくつもの改良型が登場したため、それらと区別するためであった。なお、本記事では、直接の改良型であるAKM、その他7.62x39mm弾を用いるシリーズ製品、および各国で生産されたモデルについても記述する。
rdfs:label
  • AK-47
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:weapons of
is prop-ja:兵器 of
is prop-ja:武器 of
is prop-ja:著名な実績 of
is prop-ja:説明 of
is foaf:primaryTopic of