Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 5500トン型軽巡洋艦 (5500とんかたけいじゅんようかん)は、日本海軍の軽巡洋艦の型の通称のひとつ。5500トン級軽巡洋艦 (5500とんきゅう-)とも言う。以下の14隻の総称。 球磨型:球磨 | 多摩 | 北上 | 大井 | 木曾 長良型:長良 | 五十鈴 | 名取 | 由良 | 鬼怒 | 阿武隈 川内型:川内 | 神通 | 那珂1番艦球磨の計画常備排水量が5,500トンであることからついた名称。設計は英国の流れを汲み、ほぼ同一の兵装で、排水量も大きく違わない。太平洋戦争期には多くが旧式化していたが、代艦(阿賀野型)の建造が遅れたこともあって、初期には第一線で使用された。最後に建造された川内型は経年が浅かったため改良が優先され、太平洋戦争の末期まで第一線で活躍した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1066192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7430 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59206484 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 5500トン型軽巡洋艦 (5500とんかたけいじゅんようかん)は、日本海軍の軽巡洋艦の型の通称のひとつ。5500トン級軽巡洋艦 (5500とんきゅう-)とも言う。以下の14隻の総称。 球磨型:球磨 | 多摩 | 北上 | 大井 | 木曾 長良型:長良 | 五十鈴 | 名取 | 由良 | 鬼怒 | 阿武隈 川内型:川内 | 神通 | 那珂1番艦球磨の計画常備排水量が5,500トンであることからついた名称。設計は英国の流れを汲み、ほぼ同一の兵装で、排水量も大きく違わない。太平洋戦争期には多くが旧式化していたが、代艦(阿賀野型)の建造が遅れたこともあって、初期には第一線で使用された。最後に建造された川内型は経年が浅かったため改良が優先され、太平洋戦争の末期まで第一線で活躍した。
rdfs:label
  • 5500トン型軽巡洋艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of