Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 100(ひゃく、もも)は自然数、また整数において、99の次で101の前の数である。漢字の百(ひゃく、もも)は、単に100を意味する以外に、非常に多いことも表す。また、日本語の訓読みでは、百倍を意味する語尾を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)と読む(例:五百(いお)、八百(やお))。また、日本語の大和言葉では、数としての100を「もも」といい、単位としての100を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)という(例:五百(いお)= 5 × 100 、八百(やお)= 8 × 100 )。英語ではhundred(ハンドレッド)およびone hundred(ワン・ハンドレッド)と表記され、序数詞では100th、hundredthおよびone hundredthとなる。ラテン語ではcentum(ケントゥム)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14945 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14951 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58854741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
rdfs:comment
  • 100(ひゃく、もも)は自然数、また整数において、99の次で101の前の数である。漢字の百(ひゃく、もも)は、単に100を意味する以外に、非常に多いことも表す。また、日本語の訓読みでは、百倍を意味する語尾を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)と読む(例:五百(いお)、八百(やお))。また、日本語の大和言葉では、数としての100を「もも」といい、単位としての100を「お」(歴史的仮名遣では「ほ」)という(例:五百(いお)= 5 × 100 、八百(やお)= 8 × 100 )。英語ではhundred(ハンドレッド)およびone hundred(ワン・ハンドレッド)と表記され、序数詞では100th、hundredthおよびone hundredthとなる。ラテン語ではcentum(ケントゥム)。
rdfs:label
  • 100
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of