Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 軍用機(戦闘機、爆撃機、偵察機等)は高性能の追求、すなわち、より速く、より高く、より遠く、そして、より重武装と進歩してきた。しかし、これらの要求性能は互いに矛盾する要素であり、設計者は性能要素をバランスさせることに苦労してきたのである。例えば、より速く飛ぶために主翼を小さくすると航続性能が低下する。逆に旋回性能向上を狙って主翼を大きくすると最高速度が低下する。また、重武装化すれば質量増加によって、上昇力や航続力が低下することになる。そこで、想定される実戦での運用を考慮して、互いに矛盾する性能に優先順位をつけた設計を行う。このため、同じ戦闘機であっても、優先させる要求性能に応じて形態は異なってくる。この要求性能の優先順位の付け方は設計者の思想が反映されているとも言え、これを総称して「設計思想」と呼ばれている。なお、設計思想は、軍用機に限らず、自動車、カメラ、家電製品等あらゆる製品設計に通じる概念であり、今日では、「開発コンセプト」とも呼ばれている。また、設計思想は単に、速度、高度、航続力、機動性、武装といった性能面のみにとどまらない。ドイツのメッサーシュミットBf109では、小型軽量の機体に大出力のエンジンを搭載し、最高速度を第一目標に開発された。その反動で離着陸時の操縦が難しい機体となっている。設計者のメッサーシュミット博士は、「性能第一優先、乗りにくい機体を乗りこなすのがパイロットの仕事」と語っており、機体の安定性に関するひとつの設計思想である。一方、同じドイツ空軍に採用されたフォッケウルフFw190では、開発者タンク博士は、「騎兵の馬」を設計思想とした。これは、過酷な戦場で生き残るタフさを表現しており、防弾装備、燃料タンクなどにその配慮を見ることができる。また、第二次大戦では全金属製の機体が大半であったが、金属材料の不足を見越してあえて木製の機体にしたものもあり、材料面におけるひとつの設計思想である。このように設計思想は、基本性能、製造、運用等多岐にわたる概念であるが、本稿では、特に軍用機に限って設計思想を詳述する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 180492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 182 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58820639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 軍用機(戦闘機、爆撃機、偵察機等)は高性能の追求、すなわち、より速く、より高く、より遠く、そして、より重武装と進歩してきた。しかし、これらの要求性能は互いに矛盾する要素であり、設計者は性能要素をバランスさせることに苦労してきたのである。例えば、より速く飛ぶために主翼を小さくすると航続性能が低下する。逆に旋回性能向上を狙って主翼を大きくすると最高速度が低下する。また、重武装化すれば質量増加によって、上昇力や航続力が低下することになる。そこで、想定される実戦での運用を考慮して、互いに矛盾する性能に優先順位をつけた設計を行う。このため、同じ戦闘機であっても、優先させる要求性能に応じて形態は異なってくる。この要求性能の優先順位の付け方は設計者の思想が反映されているとも言え、これを総称して「設計思想」と呼ばれている。なお、設計思想は、軍用機に限らず、自動車、カメラ、家電製品等あらゆる製品設計に通じる概念であり、今日では、「開発コンセプト」とも呼ばれている。また、設計思想は単に、速度、高度、航続力、機動性、武装といった性能面のみにとどまらない。ドイツのメッサーシュミットBf109では、小型軽量の機体に大出力のエンジンを搭載し、最高速度を第一目標に開発された。その反動で離着陸時の操縦が難しい機体となっている。設計者のメッサーシュミット博士は、「性能第一優先、乗りにくい機体を乗りこなすのがパイロットの仕事」と語っており、機体の安定性に関するひとつの設計思想である。一方、同じドイツ空軍に採用されたフォッケウルフFw190では、開発者タンク博士は、「騎兵の馬」を設計思想とした。これは、過酷な戦場で生き残るタフさを表現しており、防弾装備、燃料タンクなどにその配慮を見ることができる。また、第二次大戦では全金属製の機体が大半であったが、金属材料の不足を見越してあえて木製の機体にしたものもあり、材料面におけるひとつの設計思想である。このように設計思想は、基本性能、製造、運用等多岐にわたる概念であるが、本稿では、特に軍用機に限って設計思想を詳述する。
rdfs:label
  • 軍用機の設計思想
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:分類 of
is foaf:primaryTopic of