Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 貨幣法(かへいほう、明治30年3月29日法律第16号)とは、戦前の日本で、金本位制を基本とした、貨幣の製造および発行に関する事項を定めた法律である。1897年(明治30年)施行。この法律は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行に伴い、1988年(昭和63年)3月末を以て廃止された。すなわちこの時点で、貨幣法により規定された本位貨幣の金貨が廃止となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1984721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58312151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:リンク
prop-ja:内容
  • 金平価、貨幣の量目、品位、製造および発行について
prop-ja:効力
  • 廃止
prop-ja:番号
  • --03-29
prop-ja:種類
  • 財政法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 貨幣法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 貨幣法(かへいほう、明治30年3月29日法律第16号)とは、戦前の日本で、金本位制を基本とした、貨幣の製造および発行に関する事項を定めた法律である。1897年(明治30年)施行。この法律は通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行に伴い、1988年(昭和63年)3月末を以て廃止された。すなわちこの時点で、貨幣法により規定された本位貨幣の金貨が廃止となった。
rdfs:label
  • 貨幣法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of