Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 群狼作戦(ぐんろうさくせん, 独: Wolfsrudeltaktik)とは、第二次世界大戦中にドイツ海軍潜水艦隊司令 (BdU) カール・デーニッツ少将(後に海軍総司令官)が考案した複数の潜水艦(ドイツではUボート)が協同して敵輸送船団を攻撃する通商破壊戦術の一つである。ウルフ・パック (英: Wolf Pack) ともいう。また、狼群戦術(ろうぐんせんじゅつ)と呼ぶ場合もある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 226489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 60 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57329664 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 群狼作戦(ぐんろうさくせん, 独: Wolfsrudeltaktik)とは、第二次世界大戦中にドイツ海軍潜水艦隊司令 (BdU) カール・デーニッツ少将(後に海軍総司令官)が考案した複数の潜水艦(ドイツではUボート)が協同して敵輸送船団を攻撃する通商破壊戦術の一つである。ウルフ・パック (英: Wolf Pack) ともいう。また、狼群戦術(ろうぐんせんじゅつ)と呼ぶ場合もある。
rdfs:label
  • 群狼作戦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of