Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎の短編小説。散文詩と見なされることもある。「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という冒頭文に始まり、話者の「俺」が、聞き手の「お前」に語りかけるという手法の物語。満開の桜やかげろうの美・生のうちに、屍体という醜・死を透視し、惨劇を想像するというデカダンスの心理が描かれている。1928年(昭和3年)、季刊誌『詩と詩論 第二冊』12月号に掲載された。3年後の1931年(昭和6年)5月に武蔵野書院より刊行の作品集『檸檬』に収録された。文庫版は新潮文庫『檸檬』、ちくま文庫『梶井基次郎全集 全一巻』などに収録されている。
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 80965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56659962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:genre
prop-ja:language
  • 日本語
prop-ja:portal
  • 文学
prop-ja:published
  • --02-01
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • 櫻の樹の下には
prop-ja:type
  • 雑誌掲載
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎の短編小説。散文詩と見なされることもある。「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という冒頭文に始まり、話者の「俺」が、聞き手の「お前」に語りかけるという手法の物語。満開の桜やかげろうの美・生のうちに、屍体という醜・死を透視し、惨劇を想像するというデカダンスの心理が描かれている。1928年(昭和3年)、季刊誌『詩と詩論 第二冊』12月号に掲載された。3年後の1931年(昭和6年)5月に武蔵野書院より刊行の作品集『檸檬』に収録された。文庫版は新潮文庫『檸檬』、ちくま文庫『梶井基次郎全集 全一巻』などに収録されている。
rdfs:label
  • 櫻の樹の下には
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 櫻の樹の下には
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of