Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 核磁気共鳴分光法 (かくじききょうめいぶんこうほう)は核磁気共鳴を用いて分子の構造や運動状態などの性質を調べる分析方法。単にNMR (Nuclear Magnetic Resonance)と略称することが多い。なお、NMR関連の文書では水素原子核の意味でプロトン(陽子に由来)という言葉がよく使われ、本記事でも多用されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 121111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59231897 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016-03-30 (xsd:date)
prop-ja:title
  • 個人サイト
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 核磁気共鳴分光法 (かくじききょうめいぶんこうほう)は核磁気共鳴を用いて分子の構造や運動状態などの性質を調べる分析方法。単にNMR (Nuclear Magnetic Resonance)と略称することが多い。なお、NMR関連の文書では水素原子核の意味でプロトン(陽子に由来)という言葉がよく使われ、本記事でも多用されている。
rdfs:label
  • 核磁気共鳴分光法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of