夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名は夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。俳号は愚陀仏。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』など。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名は夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。俳号は愚陀仏。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』など。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。 (ja)
  • 夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名は夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。俳号は愚陀仏。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』など。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1916-01-01 (xsd:date)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1905-01-01 (xsd:date)
dbo:almaMater
dbo:birthName
  • 夏目 金之助(なつめ きんのすけ) (ja)
  • 夏目 金之助(なつめ きんのすけ) (ja)
dbo:birthPlace
dbo:child
dbo:deathDate
  • 1916-12-09 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:education
dbo:genre
dbo:influenced
dbo:language
dbo:movement
dbo:nationality
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:relation
dbo:restingPlace
dbo:spouse
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1581400 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 46392 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81613273 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
  • 帝国大学英文科 (ja)
  • 帝国大学英文科 (ja)
prop-ja:birthDate
  • Y年Fj日 | (ja)
  • Y年Fj日 | (ja)
prop-ja:birthName
  • 夏目 金之助(なつめ きんのすけ) (ja)
  • 夏目 金之助(なつめ きんのすけ) (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 武蔵国江戸牛込馬場下横町 (ja)
  • 武蔵国江戸牛込馬場下横町 (ja)
prop-ja:caption
  • --09-13
prop-ja:children
prop-ja:clan
prop-ja:commons
  • 夏目漱石 (ja)
  • 夏目漱石 (ja)
prop-ja:commonscat
  • Natsume Soseki (ja)
  • Natsume Soseki (ja)
prop-ja:d
  • Q180903 (ja)
  • Q180903 (ja)
prop-ja:date
  • 20150326093702 (xsd:double)
  • --01-01
  • --02-01
prop-ja:deathDate
  • 1916-12-09 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京府東京市牛込区早稲田南町 (ja)
  • 東京府東京市牛込区早稲田南町 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 『吾輩は猫である』(1905年) (ja)
  • 『吾輩は猫である』(1905年) (ja)
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
  • 徂徠派 (ja)
  • 漢籍 (ja)
  • 徂徠派 (ja)
  • 漢籍 (ja)
prop-ja:language
prop-ja:movement
prop-ja:n
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:name
  • Natsume Sōseki (ja)
  • 夏目 漱石 (ja)
  • Natsume Sōseki (ja)
  • 夏目 漱石 (ja)
prop-ja:notableWorks
  • (ja)
  • 『こゝろ』(1914年) (ja)
  • 『それから』(1910年) (ja)
  • 『三四郎』(1908年) (ja)
  • 『吾輩は猫である』(1905年) (ja)
  • 『坊っちゃん』(1906年) (ja)
  • 『彼岸過迄』(1912年) (ja)
  • 『明暗』(1916年) (ja)
  • 『草枕』(1906年) (ja)
  • 『行人』(1914年) (ja)
  • 『門』(1911年) (ja)
  • (ja)
  • 『こゝろ』(1914年) (ja)
  • 『それから』(1910年) (ja)
  • 『三四郎』(1908年) (ja)
  • 『吾輩は猫である』(1905年) (ja)
  • 『坊っちゃん』(1906年) (ja)
  • 『彼岸過迄』(1912年) (ja)
  • 『明暗』(1916年) (ja)
  • 『草枕』(1906年) (ja)
  • 『行人』(1914年) (ja)
  • 『門』(1911年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1905 (xsd:integer)
prop-ja:relations
prop-ja:restingPlace
  • 雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区) (ja)
  • 雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区) (ja)
prop-ja:s
  • 作者:夏目漱石 (ja)
  • 作者:夏目漱石 (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:sname
  • Natsume Sōseki (ja)
  • Natsume Sōseki (ja)
prop-ja:sopt
  • w (ja)
  • w (ja)
prop-ja:spouse
prop-ja:subject
  • 日本の近代化 (ja)
  • 近代知識人の我執、個人主義、 (ja)
  • 日本の近代化 (ja)
  • 近代知識人の我執、個人主義、 (ja)
prop-ja:title
  • 夏目漱石記念年キャンペーン公式サイト (ja)
  • 夏目漱石記念年キャンペーン公式サイト (ja)
prop-ja:url
prop-ja:v
  • no (ja)
  • no (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名は夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。俳号は愚陀仏。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』など。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。 (ja)
  • 夏目漱石(なつめ そうせき、1867年2月9日(慶応3年1月5日) - 1916年(大正5年)12月9日)は、日本の小説家、評論家、英文学者。本名は夏目 金之助(なつめ きんのすけ)。俳号は愚陀仏。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こゝろ』など。明治の文豪として日本の千円紙幣の肖像にもなり、講演録「私の個人主義」も知られている。漱石の私邸に門下生が集った会は木曜会と呼ばれた。 江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)出身。大学時代に正岡子規と出会い、俳句を学ぶ。帝国大学(のちの東京帝国大学、現在の東京大学)英文科卒業後、松山で愛媛県尋常中学校教師、熊本で第五高等学校教授などを務めたあと、イギリスへ留学。帰国後は東京帝国大学講師として英文学を講じ、講義録には『文学論』がある。 講師の傍ら『吾輩は猫である』を雑誌『ホトトギス』に発表。これが評判になり『坊っちゃん』『倫敦塔』などを書く。その後朝日新聞社に入社し、『虞美人草』『三四郎』などを掲載。当初は余裕派と呼ばれた。「修善寺の大患」後は、『行人』『こゝろ』『硝子戸の中』などを執筆。「則天去私(そくてんきょし)」の境地に達したといわれる。晩年は胃潰瘍に悩まされ、『明暗』が絶筆となった。 (ja)
rdfs:label
  • 夏目漱石 (ja)
  • 夏目漱石 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 夏目 漱石 (ja)
  • 夏目 漱石 (ja)
is dbo:author of
is dbo:basedOn of
is dbo:creator of
is dbo:influencedBy of
is dbo:relation of
is dbo:spouse of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:footnotes of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:relations of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:影響を与えた人物 of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is prop-ja:著者 of
is prop-ja:配偶者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of