北条 時行(ほうじょう ときゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児。先代の覇者である高時と当代の覇者である足利尊氏との中間の覇者として、中先代(なかせんだい)とも呼ばれる。建武政権期、北条氏復興のため、鎌倉幕府の残党を糾合して中先代の乱を引き起こし、鎌倉を奪還するが、わずか20日で尊氏に逐われた。南北朝の内乱では、後醍醐天皇から朝敵を赦免されて南朝方の武将として戦い、北畠顕家と共に青野原の戦いや石津の戦いで活躍。のち、武蔵野合戦で再び鎌倉を一時的に奪還した。その後の行方は不明だが、足利方に捕らえられ処刑されたとも伝わる。

Property Value
dbo:abstract
  • 北条 時行(ほうじょう ときゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児。先代の覇者である高時と当代の覇者である足利尊氏との中間の覇者として、中先代(なかせんだい)とも呼ばれる。建武政権期、北条氏復興のため、鎌倉幕府の残党を糾合して中先代の乱を引き起こし、鎌倉を奪還するが、わずか20日で尊氏に逐われた。南北朝の内乱では、後醍醐天皇から朝敵を赦免されて南朝方の武将として戦い、北畠顕家と共に青野原の戦いや石津の戦いで活躍。のち、武蔵野合戦で再び鎌倉を一時的に奪還した。その後の行方は不明だが、足利方に捕らえられ処刑されたとも伝わる。 (ja)
  • 北条 時行(ほうじょう ときゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児。先代の覇者である高時と当代の覇者である足利尊氏との中間の覇者として、中先代(なかせんだい)とも呼ばれる。建武政権期、北条氏復興のため、鎌倉幕府の残党を糾合して中先代の乱を引き起こし、鎌倉を奪還するが、わずか20日で尊氏に逐われた。南北朝の内乱では、後醍醐天皇から朝敵を赦免されて南朝方の武将として戦い、北畠顕家と共に青野原の戦いや石津の戦いで活躍。のち、武蔵野合戦で再び鎌倉を一時的に奪還した。その後の行方は不明だが、足利方に捕らえられ処刑されたとも伝わる。 (ja)
dbo:alias
  • 勝寿丸?(幼名)→時行 (ja)
  • 相模次郎・中先代 (ja)
  • 勝寿丸?(幼名)→時行 (ja)
  • 相模次郎・中先代 (ja)
dbo:birthDate
  • 1922-01-01 (xsd:date)
dbo:parent
dbo:sibling
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 98316 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 30637 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81620958 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
  • なし(自身が北条氏残党の長)→後醍醐天皇→後村上天皇 (ja)
  • なし(自身が北条氏残党の長)→後醍醐天皇→後村上天皇 (ja)
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 相模次郎・中先代 (ja)
  • 相模次郎・中先代 (ja)
prop-ja:
  • 不明 (ja)
  • 不明 (ja)
prop-ja:
  • 不明 (ja)
  • 不明 (ja)
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 勝寿丸?(幼名)→時行 (ja)
  • 勝寿丸?(幼名)→時行 (ja)
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --05-20
prop-ja:氏名
  • 北条時行 (ja)
  • 北条時行 (ja)
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:北条高時、母:不明(『太平記』では新殿(二位殿)) (ja)
  • 父:北条高時、母:不明(『太平記』では新殿(二位殿)) (ja)
prop-ja:特記事項
  • 北条得宗家の事実上、最後の当主である (ja)
  • 北条得宗家の事実上、最後の当主である (ja)
prop-ja:生誕
  • --11-22
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 北条 時行(ほうじょう ときゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児。先代の覇者である高時と当代の覇者である足利尊氏との中間の覇者として、中先代(なかせんだい)とも呼ばれる。建武政権期、北条氏復興のため、鎌倉幕府の残党を糾合して中先代の乱を引き起こし、鎌倉を奪還するが、わずか20日で尊氏に逐われた。南北朝の内乱では、後醍醐天皇から朝敵を赦免されて南朝方の武将として戦い、北畠顕家と共に青野原の戦いや石津の戦いで活躍。のち、武蔵野合戦で再び鎌倉を一時的に奪還した。その後の行方は不明だが、足利方に捕らえられ処刑されたとも伝わる。 (ja)
  • 北条 時行(ほうじょう ときゆき)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児。先代の覇者である高時と当代の覇者である足利尊氏との中間の覇者として、中先代(なかせんだい)とも呼ばれる。建武政権期、北条氏復興のため、鎌倉幕府の残党を糾合して中先代の乱を引き起こし、鎌倉を奪還するが、わずか20日で尊氏に逐われた。南北朝の内乱では、後醍醐天皇から朝敵を赦免されて南朝方の武将として戦い、北畠顕家と共に青野原の戦いや石津の戦いで活躍。のち、武蔵野合戦で再び鎌倉を一時的に奪還した。その後の行方は不明だが、足利方に捕らえられ処刑されたとも伝わる。 (ja)
rdfs:label
  • 北条時行 (ja)
  • 北条時行 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 北条時行 (ja)
  • 北条時行 (ja)
is dbo:opponents of
is dbo:parent of
is dbo:sibling of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:主君 of
is prop-ja:人物 of
is prop-ja: of
is prop-ja:父母 of
is foaf:primaryTopic of