Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、polymerase chain reaction, PCR)は、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法で、手法を指す場合はPCR法と呼ばれることの方が多い。英語をそのまま片仮名読みにして「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」とも呼ばれる。次の特徴を持つ。 ヒトのゲノム(30億塩基対)のような非常に長大なDNA分子の中から、自分の望んだ特定のDNA断片(数百から数千塩基対)だけを選択的に増幅させることができる。しかも極めて微量なDNA溶液で目的を達成できる。 増幅に要する時間が2時間程度と短い。 プロセスが単純で、全自動の卓上用装置で増幅できる。PCR法そのものや派生した逆転写ポリメラーゼ連鎖反応、リアルタイムPCRやDNAシークエンシング等の様々な技術は、分子遺伝学の研究のみならず、生理学・分類学などの研究にも広く応用されている。また、微量のゲノムやRNAから目的のDNAを選択的に増幅できることから、DNA型鑑定や診断等にも応用されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 32772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4993 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56622761 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、polymerase chain reaction, PCR)は、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法で、手法を指す場合はPCR法と呼ばれることの方が多い。英語をそのまま片仮名読みにして「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」とも呼ばれる。次の特徴を持つ。 ヒトのゲノム(30億塩基対)のような非常に長大なDNA分子の中から、自分の望んだ特定のDNA断片(数百から数千塩基対)だけを選択的に増幅させることができる。しかも極めて微量なDNA溶液で目的を達成できる。 増幅に要する時間が2時間程度と短い。 プロセスが単純で、全自動の卓上用装置で増幅できる。PCR法そのものや派生した逆転写ポリメラーゼ連鎖反応、リアルタイムPCRやDNAシークエンシング等の様々な技術は、分子遺伝学の研究のみならず、生理学・分類学などの研究にも広く応用されている。また、微量のゲノムやRNAから目的のDNAを選択的に増幅できることから、DNA型鑑定や診断等にも応用されている。
rdfs:label
  • ポリメラーゼ連鎖反応
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of