Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス(古典ラテン語:Flavius Claudius Julianus フラーウィウス・クラウディウス・ユーリアーヌス、331/332年 - 363年6月26日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:361年11月3日 - 363年6月26日)である。コンスタンティヌス朝の皇帝の一人で、コンスタンティヌス1世(大帝)の甥に当たる。最後の「異教徒皇帝」として知られる。異教復興を掲げキリスト教への優遇を改めたため、「背教者(Apostata)」とも呼ばれる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 31306 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14304 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55801317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ユリアヌス
prop-ja:全名
  • フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス
prop-ja:出生日
  • 331 (xsd:integer)
prop-ja:各国語表記
  • Julianus
prop-ja:君主号
  • ローマ皇帝
prop-ja:在位
  • --11-03
  • --11-06
  • 全ローマの皇帝:
  • 副帝:
  • 正帝:
prop-ja:死亡日
  • --06-26
prop-ja:没地
  • マランガ
  • (現、サーマッラー近郊)
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
prop-ja:画像
  • Julian.jpg
prop-ja:配偶者
  • ヘレナ
dcterms:subject
rdfs:comment
  • フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス(古典ラテン語:Flavius Claudius Julianus フラーウィウス・クラウディウス・ユーリアーヌス、331/332年 - 363年6月26日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:361年11月3日 - 363年6月26日)である。コンスタンティヌス朝の皇帝の一人で、コンスタンティヌス1世(大帝)の甥に当たる。最後の「異教徒皇帝」として知られる。異教復興を掲げキリスト教への優遇を改めたため、「背教者(Apostata)」とも呼ばれる。
rdfs:label
  • フラウィウス・クラウディウス・ユリアヌス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of