3.7 cm PaK 36(独: 3.7 cm Panzerabwehrkanone 36)とは、1936年にラインメタル社が設計し第二次世界大戦でドイツ陸軍が使用した対戦車砲である。初期の木製スポーク型転綸の型と併せ、PaK 35/36とも呼ばれる。

Property Value
dbo:abstract
  • 3.7 cm PaK 36(独: 3.7 cm Panzerabwehrkanone 36)とは、1936年にラインメタル社が設計し第二次世界大戦でドイツ陸軍が使用した対戦車砲である。初期の木製スポーク型転綸の型と併せ、PaK 35/36とも呼ばれる。 (ja)
  • 3.7 cm PaK 36(独: 3.7 cm Panzerabwehrkanone 36)とは、1936年にラインメタル社が設計し第二次世界大戦でドイツ陸軍が使用した対戦車砲である。初期の木製スポーク型転綸の型と併せ、PaK 35/36とも呼ばれる。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 1521575 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5039 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87520480 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 3.7 cm PaK 36(独: 3.7 cm Panzerabwehrkanone 36)とは、1936年にラインメタル社が設計し第二次世界大戦でドイツ陸軍が使用した対戦車砲である。初期の木製スポーク型転綸の型と併せ、PaK 35/36とも呼ばれる。 (ja)
  • 3.7 cm PaK 36(独: 3.7 cm Panzerabwehrkanone 36)とは、1936年にラインメタル社が設計し第二次世界大戦でドイツ陸軍が使用した対戦車砲である。初期の木製スポーク型転綸の型と併せ、PaK 35/36とも呼ばれる。 (ja)
rdfs:label
  • 3.7 cm PaK 36 (ja)
  • 3.7 cm PaK 36 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of