パヴィーア(イタリア語: Pavia)は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約7万1000人の基礎自治体(コムーネ)。パヴィーア県の県都。 ミラノの南約30km、ポー川との合流点にほど近いティチーノ川の河畔にあるこの都市には、東ゴート王国やランゴバルド王国が首都を置いた。中世においてはイタリア王権の首都とみなされており、神聖ローマ皇帝は12世紀に至るまでイタリア王としての戴冠式をこの都市で挙行した。1361年に設立されたパヴィーア大学を中心に学問の風土を持つ、閑静な都市である。

Property Value
dbo:abstract
  • パヴィーア(イタリア語: Pavia)は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約7万1000人の基礎自治体(コムーネ)。パヴィーア県の県都。 ミラノの南約30km、ポー川との合流点にほど近いティチーノ川の河畔にあるこの都市には、東ゴート王国やランゴバルド王国が首都を置いた。中世においてはイタリア王権の首都とみなされており、神聖ローマ皇帝は12世紀に至るまでイタリア王としての戴冠式をこの都市で挙行した。1361年に設立されたパヴィーア大学を中心に学問の風土を持つ、閑静な都市である。 (ja)
  • パヴィーア(イタリア語: Pavia)は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約7万1000人の基礎自治体(コムーネ)。パヴィーア県の県都。 ミラノの南約30km、ポー川との合流点にほど近いティチーノ川の河畔にあるこの都市には、東ゴート王国やランゴバルド王国が首都を置いた。中世においてはイタリア王権の首都とみなされており、神聖ローマ皇帝は12世紀に至るまでイタリア王としての戴冠式をこの都市で挙行した。1361年に設立されたパヴィーア大学を中心に学問の風土を持つ、閑静な都市である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 70640 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 21496 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 23278 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76997403 (xsd:integer)
  • 85790598 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:abitanti
  • 70971 (xsd:integer)
  • 72612 (xsd:integer)
prop-ja:altitudine
  • 77 (xsd:integer)
prop-ja:anno
  • 2017-01-01 (xsd:date)
  • 2021-01-01 (xsd:date)
prop-ja:cap
  • 27100 (xsd:integer)
prop-ja:comunilimitrofi
  • [[#隣接コムーネ]]参照 (ja)
  • [[#隣接コムーネ]]参照 (ja)
prop-ja:densita
  • 70971 (xsd:integer)
  • 72612 (xsd:integer)
prop-ja:didascalia
  • (ストラーダ・ヌオヴァの商業地区(上段左)、ヴィスコンテーオ城(上段右)、大聖堂とヴィットリア広場(下段左)、ティチーノ河畔のボルゴ・バッソ地区(下段右上)、コペルト橋(下段右下)) (ja)
  • (ストラーダ・ヌオヴァの商業地区(上段左)、ヴィスコンテーオ城(上段右)、大聖堂とヴィットリア広場(下段左)、ティチーノ河畔のボルゴ・バッソ地区(下段右上)、コペルト橋(下段右下)) (ja)
prop-ja:didascaliaMappa
  • パヴィーア県におけるコムーネの領域 (ja)
  • パヴィーア県におけるコムーネの領域 (ja)
prop-ja:festivo
  • --12-09
prop-ja:fiscale
  • G388 (ja)
  • G388 (ja)
prop-ja:frazioni
  • [[#行政区画]]参照 (ja)
  • [[#行政区画]]参照 (ja)
prop-ja:gradigiorno
  • 2623 (xsd:integer)
prop-ja:istat
  • 18110 (xsd:integer)
prop-ja:latitudinegradi
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:latitudineminuti
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:latitudinesecondi
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:linkstemma
  • Pavia-Stemma.png (ja)
  • Pavia-Stemma.png (ja)
prop-ja:longitudinegradi
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:longitudineminuti
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:longitudinesecondi
  • 18 (xsd:integer)
prop-ja:mappa
  • Map of comune of Pavia .svg (ja)
  • Map of comune of Pavia .svg (ja)
prop-ja:mappax
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:mappay
  • 66 (xsd:integer)
prop-ja:nomeabitanti
  • pavesi (ja)
  • pavesi (ja)
prop-ja:nomecomune
  • Pavia (ja)
  • Pavia (ja)
prop-ja:nomecomuneJa
  • パヴィーア (ja)
  • パヴィーア (ja)
prop-ja:panorama
  • Collage Pavia.jpg (ja)
  • Collage Pavia.jpg (ja)
prop-ja:patrono
  • 聖シーロ (ja)
  • 聖シーロ (ja)
prop-ja:prefisso
  • 382 (xsd:integer)
prop-ja:siglaprovincia
  • PV (ja)
  • PV (ja)
prop-ja:siglaregione
  • LOM (ja)
  • LOM (ja)
prop-ja:sito
prop-ja:superficie
  • 62.860000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:zonasismica
  • [[#気候分類・地震分類]]参照 (ja)
  • [[#気候分類・地震分類]]参照 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • パヴィーア(イタリア語: Pavia)は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約7万1000人の基礎自治体(コムーネ)。パヴィーア県の県都。 ミラノの南約30km、ポー川との合流点にほど近いティチーノ川の河畔にあるこの都市には、東ゴート王国やランゴバルド王国が首都を置いた。中世においてはイタリア王権の首都とみなされており、神聖ローマ皇帝は12世紀に至るまでイタリア王としての戴冠式をこの都市で挙行した。1361年に設立されたパヴィーア大学を中心に学問の風土を持つ、閑静な都市である。 (ja)
  • パヴィーア(イタリア語: Pavia)は、イタリア共和国ロンバルディア州にある都市であり、その周辺地域を含む人口約7万1000人の基礎自治体(コムーネ)。パヴィーア県の県都。 ミラノの南約30km、ポー川との合流点にほど近いティチーノ川の河畔にあるこの都市には、東ゴート王国やランゴバルド王国が首都を置いた。中世においてはイタリア王権の首都とみなされており、神聖ローマ皇帝は12世紀に至るまでイタリア王としての戴冠式をこの都市で挙行した。1361年に設立されたパヴィーア大学を中心に学問の風土を持つ、閑静な都市である。 (ja)
rdfs:label
  • パヴィーア (ja)
  • パヴィーア (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:birthPlace of
is dbo:deathPlace of
is dbo:restingPlace of
is dbo:routeEnd of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:birthPlace of
is prop-ja:capoluogo of
is prop-ja:deathPlace of
is prop-ja:dopzona of
is prop-ja:location of
is prop-ja:place of
is prop-ja:ホームタウン of
is prop-ja:出生地 of
is prop-ja:埋葬地 of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:生地 of
is prop-ja:終点 of
is prop-ja:首都 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of