PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語:Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。 正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語:Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。 正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。 (ja)
  • PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語:Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。 正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 251699 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9619 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80630351 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:バリエーション
  • [[#バリエーション (ja)
  • [[#バリエーション (ja)
prop-ja:ライフリング
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 840.0
prop-ja:口径
  • 7.62
prop-ja:名称
  • PPSh-41 (ja)
  • PPSh-41 (ja)
prop-ja:年代
prop-ja:戦争
prop-ja:有効射程
  • 150m (ja)
  • 150m (ja)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 900 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 短機関銃 (ja)
  • 短機関銃 (ja)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 35 (xsd:integer)
  • 71 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
  • 設計:ゲオルギー・シュパーギン (ja)
  • 設計:ゲオルギー・シュパーギン (ja)
prop-ja:設計年
  • 1940 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • PPSh-41(後期生産型) (ja)
  • PPSh-41(後期生産型) (ja)
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 3500.0
prop-ja:銃口初速
  • 488 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 269.0
dct:subject
rdfs:comment
  • PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語:Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。 正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。 (ja)
  • PPSh-41(ペーペーシャ・ソーラクアジーン、ロシア語:Пистолет-пулемёт Шпагина (ППШ) (Pistolet-Pulemyot Shpagina))とは、第二次世界大戦時にソビエト連邦(以下「ソ連」と表記)で使用された代表的な短機関銃である。 正式名称は「7,62-мм пистолет-пулемёт образца 1941 года системы Шпагина (シュパーギン1941型7.62mm短機関銃)」。バラライカあるいはマンドリンの異名でも知られる。 (ja)
rdfs:label
  • PPSh-41 (ja)
  • PPSh-41 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of