Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 過度経済力集中排除法(かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう、昭和 22年12月18日法律第207号)は、日本において第二次世界大戦直後の1947年12月18日、片山内閣の時に公布された法律である。通称集排法。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 185514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58376396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:内容
  • 財閥企業による経済支配の排除とその手続
prop-ja:効力
  • 廃止
prop-ja:番号
  • --12-18
prop-ja:種類
prop-ja:通称
  • 集排法
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 過度経済力集中排除法
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 過度経済力集中排除法(かどけいざいりょくしゅうちゅうはいじょほう、昭和 22年12月18日法律第207号)は、日本において第二次世界大戦直後の1947年12月18日、片山内閣の時に公布された法律である。通称集排法。
rdfs:label
  • 過度経済力集中排除法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of