通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。 通信衛星を用いた放送サービスについては「衛星放送」を参照

Property Value
dbo:abstract
  • 通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。 通信衛星を用いた放送サービスについては「衛星放送」を参照 (ja)
  • 通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。 通信衛星を用いた放送サービスについては「衛星放送」を参照 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 6840 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 6936 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81314557 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。 通信衛星を用いた放送サービスについては「衛星放送」を参照 (ja)
  • 通信衛星(つうしんえいせい、英語: communications satellite)とは、マイクロ波帯の電波を用いた無線通信を目的として、宇宙空間に打ち上げられた人工衛星である。CSやCOMSAT(コムサット)などと略される。その出力が大きく、使用目的が人工衛星から直接放送するものを放送衛星(BSまたはDBS)という。 通信衛星を用いた放送サービスについては「衛星放送」を参照 (ja)
rdfs:label
  • 通信衛星 (ja)
  • 通信衛星 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:industry of
is dbo:product of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:data of
is prop-ja:fields of
is prop-ja:function of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:missionType of
is prop-ja:products of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of