Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 近接信管(きんせつしんかん)は、砲弾が目標物に命中しなくとも、一定の近傍範囲内に達すれば起爆させられる信管をいう。太平洋戦争期間中にアメリカ海軍の艦対空砲弾頭信管に採用され、命中率を飛躍的に向上させる効果が確認されたことにより注目された。目標検知方式は電波式以外に光学式、音響式、磁気検知式が開発され、魚雷等の信管にも応用されている。最大の長所は、目標に直撃しなくてもその近くで爆発することにより、砲弾を炸裂させ目標物に対しダメージを与えることができる点にある。現在の正式な呼称は "Proximity fuze"。太平洋戦争当時のアメリカ軍の情報秘匿通称から「VT信管」(Variable-Time fuze) と俗称される。またこの信管を「マジック・ヒューズ」と呼称していたこともある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 282489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4109 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59156323 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2016-03-30 (xsd:date)
prop-ja:title
  • 個人サイト
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 近接信管(きんせつしんかん)は、砲弾が目標物に命中しなくとも、一定の近傍範囲内に達すれば起爆させられる信管をいう。太平洋戦争期間中にアメリカ海軍の艦対空砲弾頭信管に採用され、命中率を飛躍的に向上させる効果が確認されたことにより注目された。目標検知方式は電波式以外に光学式、音響式、磁気検知式が開発され、魚雷等の信管にも応用されている。最大の長所は、目標に直撃しなくてもその近くで爆発することにより、砲弾を炸裂させ目標物に対しダメージを与えることができる点にある。現在の正式な呼称は "Proximity fuze"。太平洋戦争当時のアメリカ軍の情報秘匿通称から「VT信管」(Variable-Time fuze) と俗称される。またこの信管を「マジック・ヒューズ」と呼称していたこともある。
rdfs:label
  • 近接信管
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:detonation of
is prop-ja:信管 of
is prop-ja:弾頭 of
is foaf:primaryTopic of