Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 紅皮症(こうひしょう。英名 Erythroderma )は先行する皮膚疾患や内臓疾患などに続発し、全身の皮膚が真っ赤に潮紅して皮膚が剥がれ落ちる(落屑)状態を呈する皮膚反応であり、単一の疾患ではなく症候名である。剥脱性皮膚炎とも呼ぶ。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 722961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 373 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59179575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 紅皮症(こうひしょう。英名 Erythroderma )は先行する皮膚疾患や内臓疾患などに続発し、全身の皮膚が真っ赤に潮紅して皮膚が剥がれ落ちる(落屑)状態を呈する皮膚反応であり、単一の疾患ではなく症候名である。剥脱性皮膚炎とも呼ぶ。
rdfs:label
  • 紅皮症
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of