Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エフェソス(ギリシャ語:Έφεσος, ラテン文字表記:Ephesos/Ephesus)は、トルコ西部の小アジアの古代都市で、現在のイズミル県のセルチュク近郊に位置している。古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記され、現在はトルコ語でエフェス(Efes)とも呼ばれる。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。現在は遺跡が残っているのみである。もとは港湾都市であったが、土砂の堆積により現在は海岸から離れている。2015年に世界遺産リストに登録された。
dbpedia-owl:id
  • 1018
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 78105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3666 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58426053 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:area
  • 663 (xsd:integer)
prop-ja:country
  • トルコ
prop-ja:criterionC
  • , ,
prop-ja:enName
  • Ephesus
prop-ja:frName
  • Éphèse
prop-ja:jaName
  • エフェソス
prop-ja:mapImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:rgYear
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:siteImg
  • ファイル:Ac artemisephesus.jpg
prop-ja:siteImgCapt
  • アルテミス神殿(エフェソス近郊)
prop-ja:siteImgWidth
  • 275 (xsd:integer)
prop-ja:urlNo
  • 1018 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エフェソス(ギリシャ語:Έφεσος, ラテン文字表記:Ephesos/Ephesus)は、トルコ西部の小アジアの古代都市で、現在のイズミル県のセルチュク近郊に位置している。古典ギリシア語読みではエペソス、エフェソ、エペソとも表記され、現在はトルコ語でエフェス(Efes)とも呼ばれる。アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市であったが、のちにキリスト教を受容し、新約聖書にもエフェソの信徒への手紙がある。現在は遺跡が残っているのみである。もとは港湾都市であったが、土砂の堆積により現在は海岸から離れている。2015年に世界遺産リストに登録された。
rdfs:label
  • エフェソス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • エフェソス
  • Ephesus
  • Éphèse
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of