System/360(システムさんろくまる、S/360、システム/360)は、IBMが1964年4月7日(日本では翌4月8日)に発表したメインフレーム コンピュータのシリーズである。1965年から1977年まで出荷された。あらゆる用途をカバーするファミリを形成し、小型から大型まで、商用から科学技術計算まで使われた。コンピュータ・アーキテクチャの確立により、IBMは互換性のある設計で様々な価格帯のシステムをリリースすることができた。8ビットのバイト単位でのアドレス指定、十進数計算、浮動小数点数計算などを備えている。このうち、バイト単位でのアドレス指定は、その後のマイクロプロセッサの時代である現代では標準となった。十進数計算は金融業界などでは多用されるが、二進数計算と比べてコンピュータ上での扱いは面倒であるのに、それを標準化したと言える。さらに、System/360の浮動小数点形式は設計の失敗に近いとも言われるような問題点があったが、それを業界の1つの標準にしてしまった。同一の命令セットアーキテクチャを、最上位機種では可能な限りハードウェアで直接的に実装しており、下位機種ではマイクロプログラム方式の活用により比較的低コストで実装している。

Property Value
dbo:abstract
  • System/360(システムさんろくまる、S/360、システム/360)は、IBMが1964年4月7日(日本では翌4月8日)に発表したメインフレーム コンピュータのシリーズである。1965年から1977年まで出荷された。あらゆる用途をカバーするファミリを形成し、小型から大型まで、商用から科学技術計算まで使われた。コンピュータ・アーキテクチャの確立により、IBMは互換性のある設計で様々な価格帯のシステムをリリースすることができた。8ビットのバイト単位でのアドレス指定、十進数計算、浮動小数点数計算などを備えている。このうち、バイト単位でのアドレス指定は、その後のマイクロプロセッサの時代である現代では標準となった。十進数計算は金融業界などでは多用されるが、二進数計算と比べてコンピュータ上での扱いは面倒であるのに、それを標準化したと言える。さらに、System/360の浮動小数点形式は設計の失敗に近いとも言われるような問題点があったが、それを業界の1つの標準にしてしまった。同一の命令セットアーキテクチャを、最上位機種では可能な限りハードウェアで直接的に実装しており、下位機種ではマイクロプログラム方式の活用により比較的低コストで実装している。 (ja)
  • System/360(システムさんろくまる、S/360、システム/360)は、IBMが1964年4月7日(日本では翌4月8日)に発表したメインフレーム コンピュータのシリーズである。1965年から1977年まで出荷された。あらゆる用途をカバーするファミリを形成し、小型から大型まで、商用から科学技術計算まで使われた。コンピュータ・アーキテクチャの確立により、IBMは互換性のある設計で様々な価格帯のシステムをリリースすることができた。8ビットのバイト単位でのアドレス指定、十進数計算、浮動小数点数計算などを備えている。このうち、バイト単位でのアドレス指定は、その後のマイクロプロセッサの時代である現代では標準となった。十進数計算は金融業界などでは多用されるが、二進数計算と比べてコンピュータ上での扱いは面倒であるのに、それを標準化したと言える。さらに、System/360の浮動小数点形式は設計の失敗に近いとも言われるような問題点があったが、それを業界の1つの標準にしてしまった。同一の命令セットアーキテクチャを、最上位機種では可能な限りハードウェアで直接的に実装しており、下位機種ではマイクロプログラム方式の活用により比較的低コストで実装している。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 37190 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29611 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 29612 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80227700 (xsd:integer)
  • 85679959 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:bits
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:branching
  • 条件コード、インデックス、カウント (ja)
  • 条件コード、インデックス、カウント (ja)
prop-ja:design
  • CISC (ja)
  • CISC (ja)
prop-ja:designer
prop-ja:encoding
  • 可変 ((2、4、6 バイト)) (ja)
  • 可変 ((2、4、6 バイト)) (ja)
prop-ja:endianness
  • ビッグ (ja)
  • ビッグ (ja)
prop-ja:fpr
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:gpr
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:introduced
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • System/360 (ja)
  • System/360 (ja)
prop-ja:open
  • Yes (ja)
  • Yes (ja)
prop-ja:pageSize
  • N/A(例外としてがある) (ja)
  • N/A(例外としてがある) (ja)
prop-ja:type
  • レジスタ-レジスタ (ja)
  • メモリ-メモリ (ja)
  • レジスタ-メモリ (ja)
  • レジスタ-レジスタ (ja)
  • メモリ-メモリ (ja)
  • レジスタ-メモリ (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • System/360(システムさんろくまる、S/360、システム/360)は、IBMが1964年4月7日(日本では翌4月8日)に発表したメインフレーム コンピュータのシリーズである。1965年から1977年まで出荷された。あらゆる用途をカバーするファミリを形成し、小型から大型まで、商用から科学技術計算まで使われた。コンピュータ・アーキテクチャの確立により、IBMは互換性のある設計で様々な価格帯のシステムをリリースすることができた。8ビットのバイト単位でのアドレス指定、十進数計算、浮動小数点数計算などを備えている。このうち、バイト単位でのアドレス指定は、その後のマイクロプロセッサの時代である現代では標準となった。十進数計算は金融業界などでは多用されるが、二進数計算と比べてコンピュータ上での扱いは面倒であるのに、それを標準化したと言える。さらに、System/360の浮動小数点形式は設計の失敗に近いとも言われるような問題点があったが、それを業界の1つの標準にしてしまった。同一の命令セットアーキテクチャを、最上位機種では可能な限りハードウェアで直接的に実装しており、下位機種ではマイクロプログラム方式の活用により比較的低コストで実装している。 (ja)
  • System/360(システムさんろくまる、S/360、システム/360)は、IBMが1964年4月7日(日本では翌4月8日)に発表したメインフレーム コンピュータのシリーズである。1965年から1977年まで出荷された。あらゆる用途をカバーするファミリを形成し、小型から大型まで、商用から科学技術計算まで使われた。コンピュータ・アーキテクチャの確立により、IBMは互換性のある設計で様々な価格帯のシステムをリリースすることができた。8ビットのバイト単位でのアドレス指定、十進数計算、浮動小数点数計算などを備えている。このうち、バイト単位でのアドレス指定は、その後のマイクロプロセッサの時代である現代では標準となった。十進数計算は金融業界などでは多用されるが、二進数計算と比べてコンピュータ上での扱いは面倒であるのに、それを標準化したと言える。さらに、System/360の浮動小数点形式は設計の失敗に近いとも言われるような問題点があったが、それを業界の1つの標準にしてしまった。同一の命令セットアーキテクチャを、最上位機種では可能な限りハードウェアで直接的に実装しており、下位機種ではマイクロプログラム方式の活用により比較的低コストで実装している。 (ja)
rdfs:label
  • System/360 (ja)
  • System/360 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of