SQL(エスキューエル ( )、シークェル ( )、シーケル)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。プログラミングにおいてデータベースへのアクセスのために、プログラミング言語と併用されるが、SQLそのものはプログラミング言語ではない。 SQLが使われるRDBは非常に良く「エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)に基づいている」と宣伝されている。しかし、SQLについては、そのコッド自身をはじめ他からも、関係代数と関係論理にきちんと準拠していないとして批判されてはいる(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。 国際標準の規格票内では「SQLは何かの略語ではない」と言明がある。また、発音としては シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL」であったことにもちなんでいる。

Property Value
dbo:abstract
  • SQL(エスキューエル ( )、シークェル ( )、シーケル)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。プログラミングにおいてデータベースへのアクセスのために、プログラミング言語と併用されるが、SQLそのものはプログラミング言語ではない。 SQLが使われるRDBは非常に良く「エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)に基づいている」と宣伝されている。しかし、SQLについては、そのコッド自身をはじめ他からも、関係代数と関係論理にきちんと準拠していないとして批判されてはいる(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。 国際標準の規格票内では「SQLは何かの略語ではない」と言明がある。また、発音としては シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL」であったことにもちなんでいる。 (ja)
  • SQL(エスキューエル ( )、シークェル ( )、シーケル)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。プログラミングにおいてデータベースへのアクセスのために、プログラミング言語と併用されるが、SQLそのものはプログラミング言語ではない。 SQLが使われるRDBは非常に良く「エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)に基づいている」と宣伝されている。しかし、SQLについては、そのコッド自身をはじめ他からも、関係代数と関係論理にきちんと準拠していないとして批判されてはいる(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。 国際標準の規格票内では「SQLは何かの略語ではない」と言明がある。また、発音としては シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL」であったことにもちなんでいる。 (ja)
dbo:designer
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 9642 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15703 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81086189 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:designer
prop-ja:name
  • SQL (ja)
  • SQL (ja)
prop-ja:paradigm
  • 宣言型 (ja)
  • 宣言型 (ja)
prop-ja:released
  • 1974 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • SQL(エスキューエル ( )、シークェル ( )、シーケル)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。プログラミングにおいてデータベースへのアクセスのために、プログラミング言語と併用されるが、SQLそのものはプログラミング言語ではない。 SQLが使われるRDBは非常に良く「エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)に基づいている」と宣伝されている。しかし、SQLについては、そのコッド自身をはじめ他からも、関係代数と関係論理にきちんと準拠していないとして批判されてはいる(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。 国際標準の規格票内では「SQLは何かの略語ではない」と言明がある。また、発音としては シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL」であったことにもちなんでいる。 (ja)
  • SQL(エスキューエル ( )、シークェル ( )、シーケル)は、関係データベース管理システム (RDBMS) において、データの操作や定義を行うためのデータベース言語(問い合わせ言語)、ドメイン固有言語である。プログラミングにおいてデータベースへのアクセスのために、プログラミング言語と併用されるが、SQLそのものはプログラミング言語ではない。 SQLが使われるRDBは非常に良く「エドガー・F・コッドによって考案された関係データベースの関係モデルにおける演算体系である、関係代数と関係論理(関係計算)に基づいている」と宣伝されている。しかし、SQLについては、そのコッド自身をはじめ他からも、関係代数と関係論理にきちんと準拠していないとして批判されてはいる(The Third Manifesto - クリス・デイト、ヒュー・ダーウェン)。 国際標準の規格票内では「SQLは何かの略語ではない」と言明がある。また、発音としては シークェル [ˈsiːkwəl] と読まれることもある。これは、SQLの元となったデータベース言語が、IBMが開発したRDBMSの実験実装であるSystem Rの操作言語「SEQUEL」であったことにもちなんでいる。 (ja)
rdfs:label
  • SQL (ja)
  • SQL (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • SQL (ja)
  • SQL (ja)
is dbo:influencedBy of
is dbo:knownFor of
is dbo:programmingLanguage of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:プログラミング言語 of
is foaf:primaryTopic of