RKOピクチャーズ(RKO Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作・配給会社。元々はRKOラジオ・ピクチャーズ(RKO Radio Pictures, Inc.、Radio-Keith-Orpheumの子会社、通称:RKO)として設立され、ハリウッド黄金時代のビッグ5スタジオのひとつであった。1928年10月、キース・アルビー・オーフィウム(KAO)劇場チェーンとジョセフ・P・ケネディのフィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ(FBO)スタジオが、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の管理下に統合されたことにより、形成された。RCAのチーフ、デビッド・サーノフは、同社のサウンド・オン・フィルム技術であるRCAフォトフォンの市場を作るために、この統合を企画した。1940年代半ばには、スタジオは投資家であるフロイド・オドラムの管理下に置かれていた。

Property Value
dbo:abstract
  • RKOピクチャーズ(RKO Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作・配給会社。元々はRKOラジオ・ピクチャーズ(RKO Radio Pictures, Inc.、Radio-Keith-Orpheumの子会社、通称:RKO)として設立され、ハリウッド黄金時代のビッグ5スタジオのひとつであった。1928年10月、キース・アルビー・オーフィウム(KAO)劇場チェーンとジョセフ・P・ケネディのフィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ(FBO)スタジオが、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の管理下に統合されたことにより、形成された。RCAのチーフ、デビッド・サーノフは、同社のサウンド・オン・フィルム技術であるRCAフォトフォンの市場を作るために、この統合を企画した。1940年代半ばには、スタジオは投資家であるフロイド・オドラムの管理下に置かれていた。 RKOは、1930年代半ばから後半にかけて、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが主演したミュージカル作品で有名である。俳優のキャサリン・ヘプバーンや、後にロバート・ミッチャムも、このスタジオで初めて大きな成功を収め、ケーリー・グラントは何年にもわたって主役を務めた。プロデューサーのヴァル・リュートンが手がけた低予算のホラー部門や、現在フィルム・ノワールと呼ばれている分野へのRKOの数多くの進出は、映画評論家や歴史家から、ほぼ事後的に評価されている。RKOは、映画史上最も有名な2つの映画を製作した。RKOは映画史上最も有名な2作品、『キングコング』と『市民ケーン』を製作した。また、『素晴らしき哉、人生!』や『汚名』などの有名な共同制作作品を手がけたほか、アニメーションプロデューサーのウォルト・ディズニー(1937年から1950年代半ばまで)や、独立系プロデューサーの第一人者であるサミュエル・ゴールドウィンの有名作品を数多く配給した。 ハワード・ヒューズは1948年にRKOを買収した。彼の支配下で何年も混乱と衰退が続いた後、スタジオは1955年にゼネラル・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーに買収された。オリジナルのRKOピクチャーズは1957年に製作を中止し、その2年後には事実上解散した。1981年、会社の後継者である放送局のRKOゼネラルが、製作子会社であるRKOピクチャーズ・インク(RKO Pictures Inc.)としてスタジオを復活させた。1989年、この事業は、多くの古典的なRKO映画の商標権やリメイク権を含む残りの資産とともに、新しいオーナーに売却され、現在は小規模な独立企業であるRKOピクチャーズLLC(RKO Pictures LLC)を運営している。 (ja)
  • RKOピクチャーズ(RKO Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作・配給会社。元々はRKOラジオ・ピクチャーズ(RKO Radio Pictures, Inc.、Radio-Keith-Orpheumの子会社、通称:RKO)として設立され、ハリウッド黄金時代のビッグ5スタジオのひとつであった。1928年10月、キース・アルビー・オーフィウム(KAO)劇場チェーンとジョセフ・P・ケネディのフィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ(FBO)スタジオが、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の管理下に統合されたことにより、形成された。RCAのチーフ、デビッド・サーノフは、同社のサウンド・オン・フィルム技術であるRCAフォトフォンの市場を作るために、この統合を企画した。1940年代半ばには、スタジオは投資家であるフロイド・オドラムの管理下に置かれていた。 RKOは、1930年代半ばから後半にかけて、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースが主演したミュージカル作品で有名である。俳優のキャサリン・ヘプバーンや、後にロバート・ミッチャムも、このスタジオで初めて大きな成功を収め、ケーリー・グラントは何年にもわたって主役を務めた。プロデューサーのヴァル・リュートンが手がけた低予算のホラー部門や、現在フィルム・ノワールと呼ばれている分野へのRKOの数多くの進出は、映画評論家や歴史家から、ほぼ事後的に評価されている。RKOは、映画史上最も有名な2つの映画を製作した。RKOは映画史上最も有名な2作品、『キングコング』と『市民ケーン』を製作した。また、『素晴らしき哉、人生!』や『汚名』などの有名な共同制作作品を手がけたほか、アニメーションプロデューサーのウォルト・ディズニー(1937年から1950年代半ばまで)や、独立系プロデューサーの第一人者であるサミュエル・ゴールドウィンの有名作品を数多く配給した。 ハワード・ヒューズは1948年にRKOを買収した。彼の支配下で何年も混乱と衰退が続いた後、スタジオは1955年にゼネラル・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニーに買収された。オリジナルのRKOピクチャーズは1957年に製作を中止し、その2年後には事実上解散した。1981年、会社の後継者である放送局のRKOゼネラルが、製作子会社であるRKOピクチャーズ・インク(RKO Pictures Inc.)としてスタジオを復活させた。1989年、この事業は、多くの古典的なRKO映画の商標権やリメイク権を含む残りの資産とともに、新しいオーナーに売却され、現在は小規模な独立企業であるRKOピクチャーズLLC(RKO Pictures LLC)を運営している。 (ja)
dbo:fate
  • 倒産 (ja)
  • 倒産 (ja)
dbo:foundedBy
dbo:industry
dbo:parentCompany
dbo:thumbnail
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 605650 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7816 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86203710 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:fate
  • 倒産 (ja)
  • 倒産 (ja)
prop-ja:founder
prop-ja:hqLocationCity
  • ・ニューヨークマンハッタン アベニュー・オブ・ザ・アメリカス 1270 (ja)
  • ・ニューヨークマンハッタン アベニュー・オブ・ザ・アメリカス 1270 (ja)
prop-ja:industry
prop-ja:logo
  • RKO Radio Pictures transmitter ident.jpg (ja)
  • RKO Radio Pictures transmitter ident.jpg (ja)
prop-ja:name
  • PKOピクチャーズ (ja)
  • PKOピクチャーズ (ja)
prop-ja:parent
  • (ja)
  • ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ (ja)
  • アトラス・コーポレーション (ja)
  • ゼネラル・タイヤ・アンド・ラバー (ja)
  • (ja)
  • ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ (ja)
  • アトラス・コーポレーション (ja)
  • ゼネラル・タイヤ・アンド・ラバー (ja)
prop-ja:predecessors
  • (ja)
  • フィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ (ja)
  • キース・アルビー・オーフィウム (ja)
  • (ja)
  • フィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ (ja)
  • キース・アルビー・オーフィウム (ja)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • RKOピクチャーズ(RKO Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作・配給会社。元々はRKOラジオ・ピクチャーズ(RKO Radio Pictures, Inc.、Radio-Keith-Orpheumの子会社、通称:RKO)として設立され、ハリウッド黄金時代のビッグ5スタジオのひとつであった。1928年10月、キース・アルビー・オーフィウム(KAO)劇場チェーンとジョセフ・P・ケネディのフィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ(FBO)スタジオが、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の管理下に統合されたことにより、形成された。RCAのチーフ、デビッド・サーノフは、同社のサウンド・オン・フィルム技術であるRCAフォトフォンの市場を作るために、この統合を企画した。1940年代半ばには、スタジオは投資家であるフロイド・オドラムの管理下に置かれていた。 (ja)
  • RKOピクチャーズ(RKO Pictures)は、アメリカ合衆国の映画製作・配給会社。元々はRKOラジオ・ピクチャーズ(RKO Radio Pictures, Inc.、Radio-Keith-Orpheumの子会社、通称:RKO)として設立され、ハリウッド黄金時代のビッグ5スタジオのひとつであった。1928年10月、キース・アルビー・オーフィウム(KAO)劇場チェーンとジョセフ・P・ケネディのフィルム・ブッキング・オフィス・オブ・アメリカ(FBO)スタジオが、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ(RCA)の管理下に統合されたことにより、形成された。RCAのチーフ、デビッド・サーノフは、同社のサウンド・オン・フィルム技術であるRCAフォトフォンの市場を作るために、この統合を企画した。1940年代半ばには、スタジオは投資家であるフロイド・オドラムの管理下に置かれていた。 (ja)
rdfs:label
  • RKO (ja)
  • RKO (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • PKOピクチャーズ (ja)
  • PKOピクチャーズ (ja)
is dbo:distributor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:distributor of
is prop-ja:studio of
is prop-ja:制作会社 of
is prop-ja:製作会社 of
is prop-ja:配給 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of