BT-7(ベテー・スィェーミ、ロシア語:БТ-7)はソビエト連邦で開発された快速戦車(Быстроходный танк)である。これは騎兵部隊の支援や、長距離侵攻を目的に開発された、BTシリーズの最終型であった。1935年から生産開始され、1940年までに各型合計4600輌 - 5328輌(諸説あり)、うちディーゼルエンジンを搭載したBT-7Mは、すぐ後に同じエンジンを搭載したT-34の生産が始まったため、706 - 788輌と少ない。

Property Value
dbo:abstract
  • BT-7(ベテー・スィェーミ、ロシア語:БТ-7)はソビエト連邦で開発された快速戦車(Быстроходный танк)である。これは騎兵部隊の支援や、長距離侵攻を目的に開発された、BTシリーズの最終型であった。1935年から生産開始され、1940年までに各型合計4600輌 - 5328輌(諸説あり)、うちディーゼルエンジンを搭載したBT-7Mは、すぐ後に同じエンジンを搭載したT-34の生産が始まったため、706 - 788輌と少ない。 (ja)
  • BT-7(ベテー・スィェーミ、ロシア語:БТ-7)はソビエト連邦で開発された快速戦車(Быстроходный танк)である。これは騎兵部隊の支援や、長距離侵攻を目的に開発された、BTシリーズの最終型であった。1935年から生産開始され、1940年までに各型合計4600輌 - 5328輌(諸説あり)、うちディーゼルエンジンを搭載したBT-7Mは、すぐ後に同じエンジンを搭載したT-34の生産が始まったため、706 - 788輌と少ない。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageID
  • 519085 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 4972 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87738705 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン名
  • M-17T 4ストロークV型12気筒水冷ガソリン (ja)
  • M-17T 4ストロークV型12気筒水冷ガソリン (ja)
prop-ja:主砲
  • 45 (xsd:integer)
prop-ja:乗員
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 2.29 m (ja)
  • 2.29 m (ja)
prop-ja:全長
  • 5.56 m (ja)
  • 5.56 m (ja)
prop-ja:全高
  • 2.42 m (ja)
  • 2.42 m (ja)
prop-ja:出力
  • 450.0 (dbd:horsepower)
prop-ja:副武装
  • 7.620000 (xsd:double)
prop-ja:名称
  • BT-7 (ja)
  • BT-7 (ja)
prop-ja:懸架方式
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:行動距離
  • 装軌375 km (ja)
  • 装輪460 km (ja)
  • 装軌375 km (ja)
  • 装輪460 km (ja)
prop-ja:装甲
  • 車体 (ja)
  • 上面10 mm 底面6 mm (ja)
  • 主砲防盾15 mm (ja)
  • 側面15+4 mm 後面10~13 mm (ja)
  • 全周13 mm 上面10 mm (ja)
  • 前面上部15 mm 前面下部20 mm (ja)
  • 砲塔 (ja)
  • 車体 (ja)
  • 上面10 mm 底面6 mm (ja)
  • 主砲防盾15 mm (ja)
  • 側面15+4 mm 後面10~13 mm (ja)
  • 全周13 mm 上面10 mm (ja)
  • 前面上部15 mm 前面下部20 mm (ja)
  • 砲塔 (ja)
prop-ja:説明
  • ヴェルフナヤ・ピシュマ戦車博物館蔵の1937年型BT-7 (ja)
  • ヴェルフナヤ・ピシュマ戦車博物館蔵の1937年型BT-7 (ja)
prop-ja:速度
  • 装軌53 km/h (ja)
  • 装輪73 km/h (ja)
  • 装軌53 km/h (ja)
  • 装輪73 km/h (ja)
prop-ja:重量
  • 13.8 (dbd:tonne)
dct:subject
rdfs:comment
  • BT-7(ベテー・スィェーミ、ロシア語:БТ-7)はソビエト連邦で開発された快速戦車(Быстроходный танк)である。これは騎兵部隊の支援や、長距離侵攻を目的に開発された、BTシリーズの最終型であった。1935年から生産開始され、1940年までに各型合計4600輌 - 5328輌(諸説あり)、うちディーゼルエンジンを搭載したBT-7Mは、すぐ後に同じエンジンを搭載したT-34の生産が始まったため、706 - 788輌と少ない。 (ja)
  • BT-7(ベテー・スィェーミ、ロシア語:БТ-7)はソビエト連邦で開発された快速戦車(Быстроходный танк)である。これは騎兵部隊の支援や、長距離侵攻を目的に開発された、BTシリーズの最終型であった。1935年から生産開始され、1940年までに各型合計4600輌 - 5328輌(諸説あり)、うちディーゼルエンジンを搭載したBT-7Mは、すぐ後に同じエンジンを搭載したT-34の生産が始まったため、706 - 788輌と少ない。 (ja)
rdfs:label
  • BT-7 (ja)
  • BT-7 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of