油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。

Property Value
dbo:abstract
  • 油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 (ja)
  • 油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 27628 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3183 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81287252 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 (ja)
  • 油(あぶら、ゆ)とは動物や植物、鉱物などからとれる水と相分離する疎水性の物質である。一般に可燃性であり、比重が小さく、水に浮く。常温で液体のものを油、固体のものを脂と使い分けることがある。高級一価アルコールと高級脂肪酸とのエステルを蝋という。精油は、脂肪を含まず油脂とは区別される。 用途としては食用、燃料用、産業用などに大別される。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:industry of
is dbo:ingredient of
is dbo:product of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:industry of
is prop-ja:mainIngredient of
is foaf:primaryTopic of