東条 英機(とうじょう ひでき、旧字体:東條 英機、1884年(明治17年)12月30日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典は従二位勲一等功二級。岩手県出身。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い。 東條英教(陸軍中将)は父。東條かつ子は妻。東條輝雄(三菱自動車工業 社長・会長)・東條敏夫(空将補)は子。 軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。第二次世界大戦後に極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)でA級戦犯となり、死刑判決を受けて処刑された。 永田鉄山死後、統制派の第一人者として陸軍を主導し、現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任(東条内閣、在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。在任中に太平洋戦争(昭和16-同19年)が開戦した。 権力強化を志向し複数の大臣を兼任、1944年(昭和19年)2月からは慣例を破って陸軍大臣と参謀総長も兼任した。 日本降伏後に拳銃自殺を図るが、連合国軍による治療により一命を取り留める。

Property Value
dbo:abstract
  • 東条 英機(とうじょう ひでき、旧字体:東條 英機、1884年(明治17年)12月30日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典は従二位勲一等功二級。岩手県出身。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い。 東條英教(陸軍中将)は父。東條かつ子は妻。東條輝雄(三菱自動車工業 社長・会長)・東條敏夫(空将補)は子。 軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。第二次世界大戦後に極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)でA級戦犯となり、死刑判決を受けて処刑された。 永田鉄山死後、統制派の第一人者として陸軍を主導し、現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任(東条内閣、在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。在任中に太平洋戦争(昭和16-同19年)が開戦した。 権力強化を志向し複数の大臣を兼任、1944年(昭和19年)2月からは慣例を破って陸軍大臣と参謀総長も兼任した。 日本降伏後に拳銃自殺を図るが、連合国軍による治療により一命を取り留める。 その後、連合国によって行われた東京裁判にて開戦の罪(A級)および殺人の罪(BC級)として起訴された。1948年(昭和23年)11月12日に絞首刑の判決が言い渡され、1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨拘置所で死刑執行された。享年65(満64歳)。 (ja)
  • 東条 英機(とうじょう ひでき、旧字体:東條 英機、1884年(明治17年)12月30日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典は従二位勲一等功二級。岩手県出身。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い。 東條英教(陸軍中将)は父。東條かつ子は妻。東條輝雄(三菱自動車工業 社長・会長)・東條敏夫(空将補)は子。 軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。第二次世界大戦後に極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)でA級戦犯となり、死刑判決を受けて処刑された。 永田鉄山死後、統制派の第一人者として陸軍を主導し、現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任(東条内閣、在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。在任中に太平洋戦争(昭和16-同19年)が開戦した。 権力強化を志向し複数の大臣を兼任、1944年(昭和19年)2月からは慣例を破って陸軍大臣と参謀総長も兼任した。 日本降伏後に拳銃自殺を図るが、連合国軍による治療により一命を取り留める。 その後、連合国によって行われた東京裁判にて開戦の罪(A級)および殺人の罪(BC級)として起訴された。1948年(昭和23年)11月12日に絞首刑の判決が言い渡され、1948年(昭和23年)12月23日、巣鴨拘置所で死刑執行された。享年65(満64歳)。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 2010-02-01 (xsd:date)
dbo:birthDate
  • 1930-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1948-12-23 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
  • 255 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 16042 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 68752 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 75729 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81456033 (xsd:integer)
  • 86727416 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:group
  • 注釈 (ja)
  • 注釈 (ja)
prop-ja:name
  • 誕生日 (ja)
  • 誕生日 (ja)
prop-ja:text
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
  • この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 (ja)
prop-ja:title
  • 内務大臣 (ja)
  • 外務大臣 (ja)
  • 参謀総長 (ja)
  • 軍需大臣 (ja)
  • 陸軍大臣 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
  • 文部大臣 (ja)
  • 商工大臣 (ja)
  • 陸軍次官 (ja)
  • 関東憲兵隊司令官 (ja)
  • 関東軍参謀長 (ja)
  • 内務大臣 (ja)
  • 外務大臣 (ja)
  • 参謀総長 (ja)
  • 軍需大臣 (ja)
  • 陸軍大臣 (ja)
  • 内閣総理大臣 (ja)
  • 文部大臣 (ja)
  • 商工大臣 (ja)
  • 陸軍次官 (ja)
  • 関東憲兵隊司令官 (ja)
  • 関東軍参謀長 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1935 (xsd:integer)
  • 1937 (xsd:integer)
  • 1938 (xsd:integer)
  • 1944 (xsd:integer)
  • 初代:1943年 - 1944年 (ja)
  • 第25代:1943年(兼任) (ja)
  • 第31代:1940年 - 1944年 (ja)
  • 第40代:1941年 - 1944年 (ja)
  • 第57代:1943年(兼任) (ja)
  • 第64代:1941年 - 1942年 (ja)
  • 第66代:1942年(兼任) (ja)
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • Hideki Tojo signature.svg (ja)
  • Hideki Tojo signature.svg (ja)
prop-ja:人名
  • 東條 英機 (ja)
  • 東条 英機 (ja)
  • 東條 英機 (ja)
  • 東条 英機 (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 東京府東京市麹町区 (ja)
  • (現:東京都千代田区) (ja)
  • 東京府東京市麹町区 (ja)
  • (現:東京都千代田区) (ja)
prop-ja:出身校
  • 陸軍士官学校(第17期) (ja)
  • 陸軍大学校(第27期) (ja)
  • 陸軍士官学校(第17期) (ja)
  • 陸軍大学校(第27期) (ja)
prop-ja:前代
  • 38 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 近衛文麿 (ja)
  • 近衛文麿 (ja)
prop-ja:各国語表記
  • Hideki Tojo (ja)
  • とうじょう ひでき (ja)
  • Hideki Tojo (ja)
  • とうじょう ひでき (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:在任期間
  • 1941 (xsd:integer)
prop-ja:子女
prop-ja:就任日
  • --04-20
  • --05-30
  • --07-22
  • --09-01
  • --10-08
  • --10-18
  • --11-01
prop-ja:当代
  • 40 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
  • 大政翼賛会(1941年 - 1944年) (ja)
  • 大政翼賛会(1941年 - 1944年) (ja)
prop-ja:次代
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 小磯國昭 (ja)
  • 小磯國昭 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都豊島区・巣鴨拘置所 (ja)
  • 東京都豊島区・巣鴨拘置所 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1948-12-23 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --07-30
  • --12-30
prop-ja:画像
  • Hideki Tojo.jpg (ja)
  • Prime Minister Tojo Hideki photograph.jpg (ja)
  • Hideki Tojo.jpg (ja)
  • Prime Minister Tojo Hideki photograph.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
  • 255 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:範囲
  • 東條の言は、あなたは我々の傀儡だと言っているのに等しい内容であった。 (ja)
  • 東條の言は、あなたは我々の傀儡だと言っているのに等しい内容であった。 (ja)
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:日本
  • 初代 軍需大臣 (ja)
  • 第25代 商工大臣 (ja)
  • 第40代 内閣総理大臣 (ja)
  • 第50代 外務大臣 (ja)
  • 第53代 文部大臣 (ja)
prop-ja:表記
  • 東條英機 (ja)
  • 東条英機 (ja)
  • 東條英機 (ja)
  • 東条英機 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:議論ページ
prop-ja:退任日
  • --02-17
  • --04-23
  • --07-22
  • --09-17
  • --11-01
  • --12-10
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 東条 英機(とうじょう ひでき、旧字体:東條 英機、1884年(明治17年)12月30日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典は従二位勲一等功二級。岩手県出身。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い。 東條英教(陸軍中将)は父。東條かつ子は妻。東條輝雄(三菱自動車工業 社長・会長)・東條敏夫(空将補)は子。 軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。第二次世界大戦後に極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)でA級戦犯となり、死刑判決を受けて処刑された。 永田鉄山死後、統制派の第一人者として陸軍を主導し、現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任(東条内閣、在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。在任中に太平洋戦争(昭和16-同19年)が開戦した。 権力強化を志向し複数の大臣を兼任、1944年(昭和19年)2月からは慣例を破って陸軍大臣と参謀総長も兼任した。 日本降伏後に拳銃自殺を図るが、連合国軍による治療により一命を取り留める。 (ja)
  • 東条 英機(とうじょう ひでき、旧字体:東條 英機、1884年(明治17年)12月30日 - 1948年(昭和23年)12月23日)は、日本の陸軍軍人、政治家。階級は陸軍大将。栄典は従二位勲一等功二級。岩手県出身。 現在の百科事典や文科省検定教科書等では新字体で東条 英機と表記されることが多い。 東條英教(陸軍中将)は父。東條かつ子は妻。東條輝雄(三菱自動車工業 社長・会長)・東條敏夫(空将補)は子。 軍人として陸軍次官、陸軍航空総監、陸軍大臣、参謀総長、政治家として内閣総理大臣(第40代)、内務大臣、外務大臣、文部大臣、商工大臣、軍需大臣を歴任した。第二次世界大戦後に極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)でA級戦犯となり、死刑判決を受けて処刑された。 永田鉄山死後、統制派の第一人者として陸軍を主導し、現役軍人のまま第40代内閣総理大臣に就任(東条内閣、在任期間は1941年(昭和16年)10月18日 - 1944年(昭和19年)7月18日)。在任中に太平洋戦争(昭和16-同19年)が開戦した。 権力強化を志向し複数の大臣を兼任、1944年(昭和19年)2月からは慣例を破って陸軍大臣と参謀総長も兼任した。 日本降伏後に拳銃自殺を図るが、連合国軍による治療により一命を取り留める。 (ja)
rdfs:label
  • 東條英機 (ja)
  • 東條英機 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東條 英機 (ja)
  • 東条 英機 (ja)
  • 東條 英機 (ja)
  • 東条 英機 (ja)
is dbo:occupation of
is dbo:opponents of
is dbo:predecessor of
is dbo:relative of
is dbo:starring of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:主席閣僚氏名 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:子女 of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:著名な実績 of
is prop-ja:親戚 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of