川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。 なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。

Property Value
dbo:abstract
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。 なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。 なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。 (ja)
dbo:casualties
  • 3000 (xsd:integer)
  • 4000 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 20px武田軍
  • 上杉氏竹に雀|20px上杉軍
dbo:description
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る
  • 双方が勝利を主張
dbo:strength
  • 20000
  • 13000
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 14357 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29764 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81218798 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
prop-ja:campaign
  • 武田信玄の戦闘 (ja)
  • 武田信玄の戦闘 (ja)
prop-ja:caption
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
prop-ja:casualties
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 1553 (xsd:integer)
prop-ja:place
  • 日本信濃国川中島(現:長野市) (ja)
  • 日本信濃国川中島(現:長野市) (ja)
prop-ja:result
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る (ja)
  • 双方が勝利を主張 (ja)
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る (ja)
  • 双方が勝利を主張 (ja)
prop-ja:strength
  • 13000 (xsd:integer)
  • 20000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。 なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で、北信濃の支配権を巡って行われた数次の戦いをいう。最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれる。 なお、上記の指揮官、戦力、損害については第四次合戦のものであることを断っておく。 (ja)
rdfs:label
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is foaf:primaryTopic of