川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。

Property Value
dbo:abstract
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
dbo:casualties
  • 3000 (xsd:integer)
  • 4000 (xsd:integer)
dbo:combatant
  • 20px武田軍
  • 上杉氏竹に雀|20px上杉軍
dbo:description
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
dbo:isPartOfMilitaryConflict
dbo:opponents
dbo:place
dbo:result
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る
  • 双方が勝利を主張
dbo:strength
  • 13000
  • 20000
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 14357 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 29764 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 29971 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81218798 (xsd:integer)
  • 86533033 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:battleName
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
prop-ja:campaign
  • 武田信玄の戦闘 (ja)
  • 武田信玄の戦闘 (ja)
prop-ja:caption
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
  • 長野市八幡原史跡公園 (ja)
  • 武田信玄(左)・上杉謙信(右)一騎討像 (ja)
prop-ja:casualties
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
prop-ja:conflict
prop-ja:date
  • 1553 (xsd:integer)
prop-ja:place
  • 日本信濃国川中島(現:長野市) (ja)
  • 日本信濃国川中島(現:長野市) (ja)
prop-ja:result
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る (ja)
  • 双方が勝利を主張 (ja)
  • ただし川中島地方は武田の勢力下に入る (ja)
  • 双方が勝利を主張 (ja)
prop-ja:strength
  • 13000 (xsd:integer)
  • 20000 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
  • 川中島の戦い(かわなかじまのたたかい)は、日本の戦国時代に、北信濃の支配権をめぐり、甲斐国(現在の山梨県)の戦国大名である武田信玄(武田晴信)と、越後国(現在の新潟県)の戦国大名である上杉謙信(長尾景虎)との間で行われた数次の戦いをいう。双方が勝利を主張した結果となった。 最大の激戦となった第四次の戦が千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島(現在の長野県長野市南郊)と推定されており八幡原史跡公園周辺が主戦場だったと思われる。また、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いとされる。 川中島の戦いの主な戦闘は、計5回、12年余りに及ぶ。実際に「川中島」で戦闘が行われたのは、第二次の犀川の戦いと第四次のみであり、一般に「川中島の戦い」と言った場合、最大の激戦であった第4次合戦(永禄4年9月9日(1561年10月17日)から10日(18日))を指すことが多く、一連の戦いを甲越対決として区別する概念もある(柴辻俊六による)。 1. * :天文22年(1553年) 2. * :天文24年(1555年) 3. * :弘治3年(1557年) 4. * :永禄4年(1561年) 5. * :永禄7年(1564年) 戦いは、上杉氏側が北信濃の与力豪族領の奪回を、武田氏側が北信濃の攻略を目的とした。武田氏の支配地は着実に北上している。 (ja)
rdfs:label
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 川中島の戦い (ja)
  • 川中島の戦い (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of